Top  
<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
|

|
2008年 10月 28日 |
久々の3日連続投稿です。先日、古内東子さんの3年ぶりのリリースとなるアルバムを買いました。やはりイイです。寒くなるこれからは彼女の歌が良いです。彼女の曲はジョギングのペース向きではありませんが、ipodに入れて聴きならが走っています。おかげでペースが上がりません。
日曜日、妻が出張で留守なのをいいことに12月のライブのチケットを電話予約しました。平日なので妻と行けるわけもなく1枚です。さて困りました。ローソンチケットで予約したのはいいですが、最寄のローソンまで車で1時間かかります・・・。仕方がないので札幌にいる妻の携帯に電話を入れます。「あの~、ローソン寄れるかな?」「なんで?」「チケット引き換えてきて欲しいんだよね」「なんの?」「古内東子」「ふーん、何枚?」「1枚・・・」「なぜ1枚?」「だって、平日だし」「分かった」。そんな微妙なやり取りによって何とかチケットをゲット。しかし、チケット引換え手数料3,500円(妻にチケット代6,500円に対し1万円払ったらお釣りが来なかった・・・)は先日の事件で懐が寂しい私にとっては痛い出費となりました。
東子さんのライブは約3年ぶりです。前回は仕事が忙しい中、なんとか半日休みをもらい、まるは森彦といつものコースを攻めライブへ。その後ススキノに出てピープルピープへ行き、〆にラーメンを食べて、家に着いたのが日付が替わって2時半くらいと、まあ、あの激務の中、どこにそんな体力があったのかと自分でも驚くほどの行動力でした。今回はそんなに頑張らなくても半日くらいは休めそうですし、過密なスケジュールを組むことも無いでしょう。ただ、ひとりです。前回もひとりでしたが、これは結構いたたまれません。辛いところではありますが、やはり楽しみなことには変わりありません。
[PR]

by narayan2 | 2008-10-28 21:59 | 雑記 |
2008年 10月 27日 |
調子が良いので久々の連日投稿です。といってもネタはありません。でも、ちょっとしたことを思い出しました。

マラソン大会に出るとプログラムなるものがあって、そこにはエントリー者の一覧が載っているわけですが、知っている人が出てないか必ず目を通します。で、まず所属をざっと見ます。すると例えば○○走友会のような取引先の会社名が入った所属が目に留まるわけです。その取引先の会社名の入った所属の中にひとりだけ、会ったことも話したこともないけど、名前だけは知っている人がいました。その方はいろんな大会に出られていて、私なんかより全然早いのですが、やはり札幌マラソンのハーフにもエントリーされていました。

で、札幌マラソンも無事終わり、重い体を引きずって職場へ行った翌日、一本の電話が。何と、その取引先の会社のその方ではありませんか!その方から用件が伝えられ、それではという時、思い切って「昨日、札幌マラソン走られてましたよね」と言ってみました。「えっ?何故それを?」と向こうも驚いた様子。「実は・・・」とそこからランの話となり「では、今度大会で会いましょう」と受話器を置いたワケですが、それまでその方から電話がくることなどまずなく、それもよりによって札マラの翌日にかかってくることになろうとは・・・。

しかし、驚いたのはそれだけではありませんでした。仕事が終わり帰宅。ネットをチェックすると昨日の札幌のマラソンの結果がアップされていました。自分のタイムと順位を確認し、「そういえば、あの人のタイムはどうだったんだろう」と取引先の方のタイムを見てみるとどこかで見たことのあるタイム・・・。「ゲッ、俺と同タイムじゃん!」。何度見ても私と同タイムです。1秒の違いもありません。同タイムということは、肩を並べてゴールしていたということです。この事実を取引先の方は知っているのかどうなのか、その後電話が来るわけも、かけるわけもなく、今後も話す機会はなさそうなので、このまま忘れ去られていくことでしょう。オチはありません。まあ、こんなところです。
[PR]

2008年 10月 26日 |
盗難にあった財布(現金を除く)や携帯、その他もろもろが入ったカバンが、不法投棄現場から発見されたとの連絡を受けたところで、目が覚めました。夢でした・・・。2週間経って吹っ切れたようで、自分の奥深いところでは吹っ切れてないようです。そんなこともあり、この2週間は土日も外出を自粛しておりました。しかし、家にいてもすることがありません。外に出るのはお金の掛からない朝のジョギングくらい。それが終わると昼寝です。昨日など、久々に長いのと思い33.3キロランを決行したところ、帰ってきてから気持ち悪くなり、家族の冷たい視線を浴びながら1日中寝ておりました・・・。
今日は妻が出張、息子が友達の家で1日遊ぶということで、娘の子守でした。そんな時、嬉しい来客が。OVER21ご夫妻が石けんを持っていらっしゃったのです。y-cさん(ご本人のブログではkoyoriさん)の手作り石けんは本当に素晴らしく、我が家でも今年の新作が出来るのを楽しみに待っていたのです。
e0064128_20591442.jpg
友達の家から帰ってきた息子など大喜びで、早速お風呂で使う石けんを吟味しておりました。

e0064128_2104780.jpg
石けんだけじゃありません。こちらのパンプキンタルトもいただいちゃいました。「チン」「ガーッ」「ダーッ」で簡単に作ったということですが、とてもそんな風に作ったとは思えない出来。美味しくいただきました。y-cさん(ついでにキタムラさん)、本当にありがとうございました。
[PR]

by narayan2 | 2008-10-26 21:09 | 雑記 |
2008年 10月 17日 |
手稲で運転免許証の再交付を受けたのが10時半。「では・・・」と友人とラー店を目指します。昨晩、遅い時間にラーメン、それも濃厚なのを食べたためちょっと胸焼け気味でしたが、慣れない手続きで疲れて食欲も出てきたところでした。
まず、新琴似の新店「シラカゼ」を目指しました。が、11時を回っているのにシャッターが下りていました。それならばと車は太平を目指します。こちらも新店「けせらせら」です。11時半開店ということは事前に調べていましたが、10分ほど早く着いたので「車で待とうや」と友人と話していると、店から奥さんが出てきて中に入れてくれました。外で客が待っていることを知っていながら「しばらくお待ちください」も言えない店が多い中(まあ、それが普通なんですけど)、わざわざ出てきて開店前に入れてもらい、本当にお客さんを大切にしている店だなあと関心させられました。まあ、だからといってその接客に甘えて開店前に店に行って、当然のように店に入るようなことがあってはいけません。その辺はわきまえたいものです。とにかく、私と友人は気持ちよく入店しました。
店内もとてもキレイです。前日に行った「高橋」もそうでしたが清潔感があります。ここには移転前の虎鉄が入っていたときに一度来ましたが、カウンターとこあがりなどのレイアウトはさほど変わりないようです。でも、そのときより店内が明るい感じがするのは店主さんと奥さんから滲み出る一所懸命さと明るさからでしょうか。とにかく居心地の良い店です。私が味噌を、友人が塩をオーダーしました。
e0064128_2124233.jpg
e0064128_21243916.jpg
前日から3連続味噌です。一口食べて友人と顔を見合わせます。「美味しい!」。お腹が空いたとはいえ、本調子ではない私たちには有難いくらい優しい味わいのラーメンでした。味噌は濃厚な中にも、まろやかさと優しさがあって最後まで飽きずに食べられました。

e0064128_21311783.jpg
e0064128_21313063.jpg
鶏が香る白濁系の塩も優しい味わいのようです。友人はすっかり気に入ったようで、「なぜ、俺の気に入る店は遠いのかなあ」と一言。それでも再訪確定のようです。自分的にもおいそれとは行けないエリア。でも久々にトータルで良い店だなあと思わせてくれる店でした。こういう店は家族を連れて行きたいですねえ。優しい味わいなので女性にもお勧めです。

e0064128_21405265.jpg
麺や けせらせら
札幌市北区太平7条5丁目2-5
営業時間 11:30~15:00、17:00~21:00
定休日 毎週木曜日
[PR]

2008年 10月 15日 |
高橋を後にした我々は珈琲を1杯入れ、銭湯でサッパリした後、車をススキノへ。(健全な)風呂上りの友人の髪はビミョーに濡れています。そんな状態でススキノを歩くのは厳しいものがありますが、我々は新店の空を目指します。時間は0時を回っています。
カウンターはほぼ埋まっていましたが、丁度2席空いていました。某店主さんもおりました。
e0064128_21232588.jpg
e0064128_21233652.jpg
味噌をオーダーしました。いやー、このエリアで遅い時間にこの味が食べられるのは有難いですねえ。期待どおりの味に大満足でした。ただ、次の日の朝がちょっと辛かった・・・。

e0064128_21254231.jpg
ラーメン空
札幌市中央区南3条西5丁目20-2
営業時間 19:00~5:00
定休日 日曜日
[PR]

2008年 10月 15日 |
娘は無事退院しました。と思ったら盗難にあいました。運転免許書紛失・・・。免許不携帯では通勤できません。免許証の即日交付を受けるとなると手稲に行くしかありません。急遽札幌へ行くことになりました。前日に札幌入りすることにしましたが、お金が無いので友人宅に泊めさせてもらいます。
二人で新店の高橋に行きました。時間は9時過ぎで前客1後客0でした。店内は新装したということもありますが、キレイで清潔感があります。厨房もキレイにしています。イメージカラーのオレンジ色の使い方がイイ感じです。今のところメニューのメーンとなる麺は2種類。つけ麺と味噌のみです。普通であれば3味のうち最初に味が決まるのは醤油か塩になるような気がしますが、味噌が最初とはなんとも期待させられます。
e0064128_2056199.jpg
e0064128_20563090.jpg
私がオーダーした味噌です。私の勝手なイメージでなんとなく粘度のある濃厚なスープかと思いましたが、意外とサラッとしていました。でも、深みのあるスープに焦がし系の香ばしさが加わり他店には無い、この店だけの味になっています。いや、美味しいですよこれは。トッピングなかなか良くて、ネギはキレイに盛り付けられていて美味しいし、余計な味付けはしないで歯ごたえを味わうタイプのメンマも美味しいです。3味のうちあえて最初に味噌を出したのも納得の味でした。

e0064128_2133544.jpg
e0064128_2135096.jpg
友人がオーダーしたつけ麺です。少しいただきましたが、濃厚なつけ汁に食べ応えのある太麺は期待を裏切らない味でした。美味しいです。

e0064128_2153710.jpg
麺屋 高橋
札幌市豊平区月寒東1条19丁目2-72伸光ビル1F
営業時間 11:00~15:00/17:00~21:30
定休日 水曜日
[PR]

2008年 10月 10日 |
娘が急性胃腸炎で入院しました。数日前から下痢が続いていて、水曜日には40度近い高熱。一度病院で見てもらったものの、翌日も一向に熱が下がる気配がなかったため、入院と相成りました。昨日は妻が仕事を休んで付き添い。今日は私が休みをいただいて付き添いました。
e0064128_2363618.jpg
最初の1時間くらいは、「娘としかも具合が悪くて愚図る娘との1日は長いなあ・・・」と思いましたが、その後は結構眠ってくれたので、私も一緒になってかなりの時間眠りました。看護学生が実習とかで何度も部屋にやってきましたが、付き添いの父親がヨダレを垂らしながら添い寝する姿(それも1日中・・・)には唖然としたことでしょう(人の気配を感じて目を開けると、そこには実習生が・・・)。

普段は娘の世話は妻に任せっきりでオムツ替えすら滅多にやらないので、付き添いは大変でしたが、やはり娘はかわいいものです。午前中はグッタリでしたが、昼からは少し元気になり笑顔も言葉も出るようになりました。夜はさすがに妻にバトンタッチ。家に帰ったら帰ったで、次は息子の世話です。二人きりで眠るのはシンガポール以来です。「たまには二人きりもいいもんだねえ」と母親がいないことをいいことにだらけてます。怒る人がいなくて調子にのった息子はまた二人旅に行きたいと、次はタイに行きたいと言い出しました・・・。

娘の退院は明日か明後日になりそうです。早く元気になって欲しいなあ。
[PR]

by narayan2 | 2008-10-10 23:15 | 雑記 |
2008年 10月 09日 |
札幌マラソンを完走し、「さあ、ランの後はラーだ!」と意気込んだものの、時間は2時すぎ。家族と落ち合うも、さすがに家族は既に昼を食べていました。しかし、私は8時前に朝食をとった後は、バナナとエネルギーゼリー程度の軽いものを口にしただけでハーフを走ってハラペコ状態。いくら涼しかったとはいえ、大量の汗をかき体は塩分を要求しています(もちろん脂も)。ラーです。ラーしかありませんでした。しかし、妻子からは「お父さんはコンビニかどっかで適当に済ませて」的なニオイが・・・。さすがの私もそこは空気を読んで、その辺で軽くおにぎりなんかを食べて、札幌を後にしました。で、地元に着いたのが丁度夕時。息子からラーメンが食べたいコール・・・。まあ、今更どうでもいいし、大したラー店もないし。ということで、地元の麺屋Cに初めて入ることにしました。
e0064128_2144354.jpg
e0064128_2145498.jpg
私のオーダーした赤味噌。意外といけました。野菜の炒め具合も絶妙でしたし、スープもそれなりに深みがあります。麺も固めに美味く茹でられていて、歯ごたえが良いです。意外と悪くないなと思いながらも、①ランから時間が空いたこと、②好きなラー店じゃなかったこと、から残念ながら理想のラン&ラーからはかけ離れてしまいました。まあ、たまにはこういうラン&ラーもあるでしょう。

これが今年最後のラン&ラーかも知れません。これからは食欲の秋でラー&ラーになるのかも知れないし、スポーツの秋でラン&ランになるのかも知れません。こればかりは自分でも本当に分からないのです。

麺屋C
住所 不明
営業時間 不明
定休日 不明
[PR]

2008年 10月 08日 |
結果的には公認の自己ベストが出たものの、走りそのものは、どうも今ひとつ納得いかないレースとなりました。前日こそつけ麺を連食と、いい加減な調整をしたものの、いざ走るとなるとやはり燃えます。90分切りは無理だとしても、それに絡むくらいの記録はでるのではないかと思いましたし、前半のペースはそれを意識したものでした。が、やはり後半に失速・・・。気持ちもメゲテ、途中からは頑張ることを止めるといういつもの悪い癖が出てしまいました・・・。

e0064128_205201.jpg
当日は10時前に真駒内入り。昨年の荷物預かり所は凄い混み様にも関わらず、対応するスタッフが少なく、スタート前にとうとう荷物が預けられなかったということがありましたが、今年は受付スペースもかなり充実し、スタッフも多数配置して凄い変わりよう。なぜ昨年これができなかったかなあと思いつつ、荷物は昨年同様預けず(結局預けないのかいっ!)スタジアムのベンチに置くことにしました。

トイレも無事済ませ、事前に会う約束をしていた旭山ら~めん通りのesさんにメールをしました。10キロスタート地点にいるということで、早速向かい着ているものの特長をメール。まるで出会い系・・・。しかも野郎同士・・・。まるでゲイの出会い系じゃないですか・・・と苦笑つつも、やはり初対面なので緊張します。「ならやんさんですよね?」。振り向くとesさんがおりました。いやー、ラー店でもオフ会でもなく、まさかマラソン大会でお会いすることになろうとは。しかし、こうしてラン&ラー(麺)愛好家が増えることは喜ばしいことです。少し話をし、ではお互い頑張りましょうということで別れました。

さて、いよいよハーフのスタートです。珍しくアップしました。1キロほどジョグして体を温めます。凄い尿意を感じたので集合場所に並ぶ前にトイレに行きます。これで大丈夫だと集合場所へ行きました。昨年に続き2度目の札幌マラソンのため、今年は少しナンバーカードが若くなりました。おかげで少し前の方のブロックで並ぶことが出来ます。スタート数分前になり列が前へ動きます。スタート5分前。ここで再び尿意が!それも10段階の8レベル・・・。膀胱を意識しなければならないレベルでした。私は葛藤しました。「トイレまで行くのは無理だ。でも、運のいいことに、立ちションできそうなシゲミがすぐそこにある・・・。けど、スタートを見守る沿道の人たちも結構いる・・・。さてどうしたものか」。スタート3分前。「ダメだ。小心者の俺には出来ない。こうなれば途中でトイレに駆け込むか、給水地点でパンツに水をかけて漏らすしかない。どちらにしても今日のレースは終わったな・・・」。

○スタート~5キロ(23分18秒)
湿気たピストルの音でスタート。ロスは40秒ほど。昨年の1分半や道マラの2分半を考えると40秒でも有難く感じます。しかし、スタート直後は詰まり気味でなかなかペースが上がりません。あせっても仕方がないし、尿意は相変わらずなので流れに任せ、最初の1キロは5分14秒。
e0064128_2057214.jpg
澄川の交差点で家族が応援してくれることになっていたので、沿道側を走り無事発見。息子とハイタッチ(撮影:妻)。その後は自分としてはちょっと突っ込み気味の4分10秒を切るペースで5キロを通過しました。

○5キロ~10キロ(21分36秒)
尿意は相変わらずでしたが、不思議と漏らしたい気持ちにはなりませんでした。「気持ちがランのほうに向いている。イイゾ!イイゾ!」と意識するとまた尿意が襲ってきたりします。「無心、無心」と言い聞かせますが、それがまた無心じゃないことになってたりしてと、まあ、気持ちが落ち着かないレースとなってしまいました。ペースは落ち着いて4分20秒ペース。自分が当初理想としていたペースです。駅前通に入り最初の給水。一番奥のテーブルからアミノバイタルと水を取ります。アミノは一口、水は・・・パンツにかけようか躊躇いました止めました。「む、無理だ。駅前通では駆け込めないし、漏らせない」。気持ちよく走るはずの駅前通が尿意との戦いで台無しになってしまいました。南大橋を渡ると楽しい(はずだった)街走りも終わり、いよいよ後半。大嫌いな豊平川河川敷に降ります。

10キロ~15キロ(22分25秒)
尿意は相変わらずでしたが、前半持ちこたえたことで、後半分も持つのではないかという希望が見えてきました。「いや、いけますよ、これは。駆け込まずに、漏らさずに済みますよ」と河川敷に入った時に確信に変わりました。人間どうにかなるものです。尿意問題も解決の方向に向かったため、今年の河川敷は楽になるはずでした。何と追い風が吹いています。しかし、その追い風を味方にすることが出来ませんでした。プラスの追い風以上にマイナスの上りを感じてしまいました。河川敷がいくら上っているといっても、ダラダラ上りなので、急にキツクなるということはないはずですが、体の方が条件反射的にきつく感じてしまって、この5キロの平均ペース4分25秒と落ちてしまいました。それまでは前のランナーを拾おうとする気力がありましたが、12キロ過ぎからは流れに任せる走りになってしまいました。ミュンヘン大橋では往路で中の島通で見ていた家族が河川敷に降りて復路の応援をしてくれることになっていました。

e0064128_212224.jpg
お父さん、まだかなあと待ちくたびれた子供たち(撮影:妻)。

e0064128_2115265.jpg
お父さんの姿を確認しつつも立とうとしない子供たち・・・。

その後ようやく重い腰を上げた息子と再びハイタッチするも昨年のように元気が回復することはありませんでした。ミュンヘン大橋からが河川敷の残りがエラク長く感じました。遥か先まで続く群集に目まいがしました。

15キロ~20キロ(22分32秒)
河川敷から堤防に上がる坂は意外と苦しむことなく通過しました。が、河川敷以上に辛いのが真駒内公園グルグル。
e0064128_21554569.jpg
これが真駒内公園グルグルです(ForeAthlete305より)。結果的には前日の試走を活かすことができませんでした。むしろ裏目に出たかも知れません。前日の試走で自分が思っていた以上に上りが辛いことが分かりました。それを知ってしまった結果、「これ以上辛いレースはしたくない。気持ちよくゴールしたい」という気持ちが先行して、のこり5キロの表示を見てもラストスパートという気持ちになれませんでした。残り3キロでは職場の走友会の先輩に颯爽と行かれてしまい、追う気力もなくむしろ失速・・・。残り2キロからの約1キロは下りになりますが、回りのランナーがペースを上げる中、私ひとり取り残されました。前から思っていましたが、下りが本当に苦手というか下手だなあと。どうしてもブレーキをかけてしまってペースが上がりません。

20キロ~ゴール(5分06秒)
ここが一番の地獄。ゴールのスタジアムが見えていて、かつ、スタジアムの外のメーン会場と大勢の観衆があるのにそこからスタジアムに入れるわけではないのです。ぐるーっとスタジアムの外周を走らされ、更に最後に結構キツイ上りまであってようやくスタジアムに入ることができるのです。入ったら入ったで、まだ結構距離があったりしてシンドイ。どうしてここまでして走るのでしょうかねえ。で、何とかゴール。公認の自己ベストが出たのだし、昨年より15分タイムを縮めたわけですから良しとしなければなりませんが、スタート前から尿意に襲われたのが残念だったのと、後半、自分の気持ちに負けたのが今回の反省点ですね。

もしかしたら札マラが今年最後のレースになってしまうかも知れません。もし都合がつけば「さよならマラソン」には出たいと思っていますが、何より今後、日々のランニングが果たして今の調子で維持できるのか、それが問題です。

先月、東京マラソンの申し込みをしました。思わず勢いでクリックしてしまいました。抽選だし恐らく当選しないだろうからとクリック・・・。本当に恐ろしいです。でも、今となっては何とか当選して欲しいです。それがこれから始まる寒くて長い冬のランニングのモチベーションに繋がると思うからです。いやーホント当たらないかな。

先輩たちは凄い!
[PR]

2008年 10月 07日 |
今週から急に残業モードで札マラのアップが出来ません。今晩も札マラまで辿りつけそうにありません。前日のラーメンが先ですので・・・。

本来はレースの前日は炭水化物大目の食事、所謂カーボローディングをするわけですが、今回はある出来事を境にどうでも良くなってしまいました。それでも、木曜日は昼はうどん、夜は餅、金曜日も餅にパスタにと炭水化物していたのですが、前日に中島体育センターでナンバーカードを引き換えに行った際、車をセンター玄関横のレンガの壁にぶつけてしまい、リアバンパーがちょっくら逝ってしまったショックとともに緊張の糸がプッツリ切れてしまいました。「あ~、もういいわ。炭水化物ももうイイワ。嫌なこと忘れてラーメンラーメン。ラーメンも炭水化物といえば炭水化物だし」ということで、普段なかなか行けないエリアを攻めることに。

前置きが長くなりましたが、ようやく「ぐれん」に到着。前々から気になっていたものの、なかなか行くことが出来ずようやく初訪です。と、店の前の駐車場がいっぱいで、面倒くさくなってその先の真に行きそうになりましたが、待て待てと引き返すと、タイミングよく1台分空いていました。
窓の貼りモノがちょっとウルサイ感じがしないでもありません。過去の経験から貼りモノがうるさい店ではあまり良い思いをしたことがありません。店内は程よく混んでいました。お客さんに年配の人が多いところを見ると、遠征客より地元客が多いようです。
e0064128_2319445.jpg
e0064128_2319183.jpg
つけ麺の桜○です。海老が香る期待どおりの美味しさです。麺に盛られたネギは見た目もキレイで食欲が増しますね。残念だったのはつけ汁がはじめから温かったこと。あつもりでない以上、後半温くなるのはしょうがないのですが、せめて最初くらいは熱々のつけ汁でいただきたかったなあと。つけ麺そのものは美味しかっただけにちょっと残念でした。

e0064128_23282660.jpg
らぁ~めん職人ぐれん
札幌市東区伏古13条4丁目1-3
営業時間 11:00~20:30
定休日 第1・3水曜日
※店名の「ぐれん」は愚連隊のぐれんではなく、紅色の蓮華草の呼称「紅蓮」のぐれんだそうです。

で、もう1軒・・・
[PR]