Top  
<   2006年 10月 ( 44 )   > この月の画像一覧
|

|
2006年 10月 29日 |
今日は子供を預けている保育園の芸能発表会がありました。普通なら札幌で遅くまで粘っているところですが、さすがにそういうわけにはいかず、開始時間の2時間前には家につきました。
e0064128_0241134.jpg
この発表会は子供の成長を見る良い機会です。やはり1年前とは動きも声の出し方も全然違います。子供の成長ぶりに目を細める私なのでした。
[PR]

by narayan2 | 2006-10-29 00:25 | 雑記 |
2006年 10月 29日 |
今日は子供の芸能発表会があるので、いつまでも札幌でダラダラしてられませんでした。ラーメンも食べたし、後はコーヒー豆を買って帰るだけ。それで、いわい珈琲に行ってみることにしました。ここはいつもコメントをいただいているy-cさんのご紹介です。
店に入るとすぐに店主さんから声を掛けていただきました。この店主さん、すごいです。初めての店のはずなのに、もう何度も来たのではないかと思ってしまうほど自然に話しが出来ます。奥さんも気さくで感じのいい方でした。3人で私の田舎話でプチ盛り上がってしまいました。
さて、豆ですが、好みを聞かれ、深煎りと答えると、店に置いてあるのは深煎りでも私の求めている深煎りではないと思うと言われました。つまり、深煎りでも飲んだ後に水が飲みたくなるものは、果たしてどうなのかという考えらしく、なるほどと思わされました。確かに私の今まで飲んできたいわゆる深煎りは飲んだ時の苦味はタマラナイものの、その後水が進んだのも事実です。店に置いてある2つの深煎りの中からひとつを試飲させていただくと、確かに苦味はあるけど、スッキリ、サッパリで飲みやすく、後味が良いんです。水が欲しくならないんです。これは、職場用に良いかもということで、500g買って帰りました。で、家に着いて早速淹れてみました。
e0064128_091869.jpg
やぎやのパン&ジャムといただきました。珈琲は何杯でも飲めちゃいますね。美味しいです。

e0064128_0102220.jpg
また良い店を教えていただいちゃいました。これからどの店で豆を買うか迷ってしまいそう・・・。良い店を知りすぎるのも困りものですね。
[PR]

2006年 10月 28日 |
お腹が空いて目が覚めました。と思ったら鼻血が・・・。疲れがたまるとすぐ出るのです。札幌ドーム日帰りから中1日でまた札幌、しかも早朝出発だったので、寝不足気味だったためでしょう。なんとか、止めてホテルをチェックアウト。そして、向かった先はあらとんです。
10時過ぎに入店。前後客0でした。今日の目的はつけ麺です。麺は冷たくしてもらいました。
e0064128_23373446.jpg
ウマイです!正直それ程期待してませんでしたが、これはかなりいけます。スープが良いですね。酸味が程よく利いてます。この程よくというのがミソで、ホント心地良い酸味なのです。スープそのものは濃い目ですが、麺そのものが余りスープと絡まないものなので、口に運ぶときにはちょうど良い感じになります。軽く付けただけならむしろ物足りないくらいです。なので、完全にスープの中に麺を入れてしばらく置いてから口に運んだ方が美味しく食べられます。細かいブロックのチャーシューもスープの中に入っていてこれがまた良いんです。最後はスープで割っていただくことも出来ます。もちろんいただきましたが、最高でした。
[PR]

2006年 10月 28日 |
ナンシーを出てすぐ友人へメール。仕事が終わるところらしいので、落ち合ってピープルピープへ。しかし、店の前は女性客で一杯でした。うーん、これはどれだけ時間がかかるか分かりません。着いて2秒ほどで私たちは諦めて、サティへ向かいました。サティは客0でした。
e0064128_3254952.jpg
e0064128_3261093.jpg
外は飲み会帰りの人たちでにぎやかでしたけど、店内はすごく静かでした。
[PR]

2006年 10月 28日 |
いろんな人のブログを見て前から気になっていたナンシーに行ってきました。山嵐に引き続きチャリで爆走。ナンシーは駐車場がないようですし、場所的にも普段行くようなところではないので、思い切って行ってきました。店に入ったのは10時近く。お客さんはいませんでした。
店内はアンティークだらけ。よく分からないけどスゴイことだけは分かる(ような気がする)。で、カフェラテを飲みました。
e0064128_3145287.jpg
オーナーさんでしょうか、店にいた男性、とても感じの良い方でした。あのような店のオーナーは私の勝手なイメージでは上から見下すような人なんですよ。でも、全然そんなんじゃなかったです。帰り際に声を掛けていただいて、とても気さくで話しやすい方でした。もっと色々お話しをすればよかったです。あの人なら私のようなド素人でも優しく教えてくれそうです。
e0064128_3202576.jpg
e0064128_3204244.jpg
また行きたい店です。
[PR]

2006年 10月 28日 |
彩未ではスープを飲み干しました。そのため、多少お腹はキツメ。なので、また車から自転車を降ろして、少し走らせお腹を空かせる作戦をとりました。山嵐へ自転車を走らせ、ついたころには結構お腹が空いていました。山嵐は最近駐車場も2台分確保し、かなり頑張っています。
場所が悪くてもいい店には客が集まります。私が行った時には空席はわずか。その後も次々入ってきました。今回は白の極細麺をオーダーしました。
e0064128_35421.jpg

e0064128_0161969.jpg
極細麺も良いですねえ。太麺もインパクトあっていいけど、極細麺もありですよね。博多風に食べられます。実際に替玉もしているようですし。それにしても、スープ激ウマ。4食目でこんなに楽なのは初めてでした。でもキツイことには変わりないので、4食で終わりです。私の限界はやはり4食かなあ。
[PR]

2006年 10月 28日 |
既に2杯食べてましたが、今日はなぜか余裕があります。バリウムの影響はないところか、むしろいい感じに作用しています。味噌が2食続きましたが、ここで最高の味噌が食べたくなり、彩未を選びました。
行ったのは7時まえ。割と空いていて、空席がありました。厨房を見ると、店主さんの姿がありません。あちゃーと一瞬思いましたが、出てきたラーメンを食べて、そんな心配は必要がないことが分かりました。
e0064128_2592893.jpg
彩未はお弟子さんが作っても同じ味です。心配要りません。満足、満足です。
[PR]

2006年 10月 28日 |
店名は載せれませんが、本日2軒目。店内はキレイで、ニオイもいい。いい店の雰囲気が感じられます。味噌をオーダー。
スープそのものは美味しいだけに、惜しい感じがします。もっとシンプルでいいかも知れません。
[PR]

2006年 10月 28日 |
やぎやから下界へ戻った私は、そのままチャリで森彦へ。窓際は先客がいましたが、それ以外は空いていました。
e0064128_2243667.jpg
マンデリン。珈琲飲みすぎかなあ。バリウムも飲んでいるしお腹が心配。

e0064128_2254112.jpg
窓から見える木にはブドウがなっていました。秋の森彦もいいです。

円山公園
[PR]

2006年 10月 28日 |
チャリ激走の目的はやはり「やぎや」。車で行けば簡単に行けますが、たまには自分の足で(と言ってもチャリですが・・・)行くのもいいかなと思ったわけです。
e0064128_1583319.jpg
秋のやぎやもいい感じでした。

e0064128_23714.jpg

まずは小道に入って左手の山羊のお出迎え。なぜかこちらには1匹しかいない。

e0064128_24694.jpg
今回は珈琲のみオーダー。居心地が良くて2杯飲んでしまいました。オーナーさんと色々お話ししたら意外な接点が・・・。

e0064128_254427.jpg
興味深い蔵書スペース。

e0064128_2615100.jpg
あっ、ありました「羊をめぐる冒険」!以前のやぎやのアップを見たy-cさんがこの「羊をめぐる冒険」をイメージされたようで、私もなるほどと思っていましたが、しっかりと置いてありました。本棚をしっかり見たわけではありませんが、村上春樹はこれしか置いてなかったような。

e0064128_295063.jpg
手作りジャムも売ってます。

e0064128_2103699.jpg
パンとジャムを買いました。

e0064128_211729.jpg
柿が干してありました。

e0064128_2113221.jpg
良く見ると立派なハチが・・・。

e0064128_212425.jpg
お尻を向けていた山羊がいきなりこっちを向きました。

e0064128_2125112.jpg
と、思ったら奥からぞろぞろ出てきました。

e0064128_213205.jpg
あれ?前来た時、こんなにいたかな。

e0064128_2135793.jpg
ウサギもいる。でも、今回は子猫ちゃんに会えなかった・・・。会いたかったのに。

e0064128_2144062.jpg
やぎやの建物は緑。マイチャリも緑。私のウィンブレも緑。お見事。

e0064128_216026.jpg
やぎやの近くには旧小別沢トンネルがあります。もちろん立入禁止。

e0064128_2164451.jpg
なぜか絵で覆われています。

e0064128_2174866.jpg
帰りは下りなので楽勝。でも、汗が引いて今度は寒い!
[PR]