Top  
<   2006年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
|

|
2006年 06月 28日 |
母が3月28日に倒れてから丁度3ヶ月。ようやく退院の日を迎えることが出来ました。
記憶の方はまだまだ曖昧なところもありますが、あとは家で時間をかけてひとつひとつ繋いでいくしかなさそうです。でも、身体的な面では障害らしいものは出ていなくて、これは本当に良かったと思います。最初の医者の説明を聞いて愕然としたことが嘘のような回復ぶりです。最初の病院を出るときに医者が父に言ったそうです。「○○さん、運が良かったですねえ」。この回復ぶりは運がなければありえない程、最初の状況がひどかったのでしょう。病状での運は私には分かりませんが、それ以外で言うと、ドクターヘリが昨年から導入され、わが町がそのエリアにギリギリ入っていたこと。また、天候が良かったことと(日高地方は濃霧がひどいですが、その日は晴れていた)、ヘリが他の地方に飛んでいなかったことも幸いしました。救急車で運ばれた地元の病院の医者は他の病院に連れて行きたかったようですが、救急救命士の方が「ドクターヘリ呼びますか?」と勧めてくれたのも助かりました。実績のない田舎の病院より、実績のある札幌の病院の方が良いに決まってます。
母がリハビリをする中で急に変わった時期がありました。何か母の中での意識が明らかにかわったんです。そのことを母も覚えているのですが、それは、親戚のお姉さんのひとことだったようです。母が「リハビリなんかしなくても、もう元気だし歩けるんだからいつでも退院できる」と言ったことに対して、そのお姉さんはキレたようで「お姉ちゃん(母のこと)!そんなことじゃだめ!もう、他人を泣かせるわけにはいかないんだからね!○○ちゃん(私の姉)も○○ちゃん(私の妻)も泣いたんだからね!みんなだって、もうだめだって泣いてるんだから!」
それを聞いた母は、初めて自分の置かれている状況がつかめたそうです。その前に他人から「ヘリで運ばれた」とか「くも膜下で倒れた」とか聞かされてはいても、自分のために泣いた人がいたという事実はそのとき初めて知ったようなのです。そして、そのときから記憶も繋がり始めました。親戚のお姉さんには本当に感謝です。
とりあえずは、一安心です。が、これからが大変といえば大変です。7月の半ばには昆布漁が始まり、実家は1年で一番忙しい季節になります。その中で母がどう関わっていくか。みんなは休めと言うけど母にしてみたら黙って見ている訳にも行かないはずです。そして、私から見てもある程度のことは出来そうな感じです。無理はさせられないけど、黙って家にいるのもかわいそう。その辺は父が考えることでしょうけど、上手く仕切ってもらいたいものです。そして、もちろん私も協力しなけらばならないでしょう・・・。大好きなキャンプも今年は諦めなきゃならないかなあ。
[PR]

by narayan2 | 2006-06-28 22:47 | 雑記 |
2006年 06月 28日 |
本日は母の退院の日です。仕事を休み母を迎えに札幌へ行きました。
昼はまるはへ。着いたのがまだ開店していない、11時前。業者さんが食材を搬入するのを横目に図々しく中へ入り、店の中で待たせていただきました。暑くなってきて、やはりラーメンの売り上げは落ちている様子でしたが、さすが店主さんです。色々と考えているようです。
今回は限定メニューとして出す予定であるという、塩を食べました。
デフォの塩と違うのはダシのブレンドの割合を変えていることと、背脂を浮かせていることでしょうか。食べるとこれがウマイ!スープの香ばしさが麺を伝って口に広がります。純すみ系の店で出てきそうな塩ですが、香ばしさと背脂のまろやかさがいい感じで、スープもほとんど飲んでしまいました。
e0064128_21474052.jpg


さて、どうしようかと思いました。連食するつもりでしたが、他店に行く時間もなさそうだし、移動中に満腹中枢が刺激されキツクなることも懸念されました。なので、まるはで連食を考えていたそのとき、店主さんから「もうひとつ食べていただきたいものが・・・」。
で、食べたのが「冷たい塩」。見た目はデフォの塩ですが、スープが冷たいのです。夏メニューとして考えているのでしょう。スープも麺も具もレベルが高いですから冷たくても美味しいのですが、やはり、まるはのファンとしては温かいものを食べたいといった感想になるでしょうか。冷たいスープはちょっと尖った感じの味になるんですよね。スープに少し工夫を加えないと、また食べたいということにはならなそうです。
e0064128_2148883.jpg


でも、こうした試みは好きです。行く度に何かが起こりそうな期待感。そして、それに見事に応えてくれる店主さんにシャッポを脱ごう!(店主さんにプレッシャーになるかなあ。)

e0064128_21484118.jpg
e0064128_21485611.jpg
店主さんはラーメンマニアでもあり、国産ギターマニアでもあります。本棚にはギター雑誌も置いてあり、まるはの店主さん掲載記事もあります。音楽の趣味も私とかぶっていることもあり、いいお付き合いをさせていただいております。今回掲載のラーメンは今後店に出る予定のもので、明日行ってすぐに食べられるものではありませんのでご了承ください。

まるはにはまる
[PR]

2006年 06月 28日 |
昨日の職場での3時のおやつはクランベリー。
今日の昼の食後にクランベリー。
そして、今、夜食にクランベリー。
e0064128_1101810.jpg
美味しいけど、しばらくいいかも・・・。
[PR]

2006年 06月 25日 |
紫竹ガーデンを後にし、昼はなんと焼肉。食べました。カルビにサガリにミノにライス2杯・・・。これが何を意味するか。帯広の美味しいものがもう食べられないということです。スイーツに関して言えばまったくと言っていいほど帯広スイーツを堪能していません。
しかし、さすがは帯広の叔母です。私が無類のスイーツ好きなことを知っており、スイートピアガーデンに付き合ってくれ、その後クランベリーのスイートポテトを4つもお土産で持たせてくれました。感謝、感謝です。
e0064128_2335666.jpg
クレーム・ブリュレとクールカフェ(だったかな。そんな名前だったはず)です。画的にトレーをよけるところですが、叔母の目が気になり慌てて撮ったのが分かります(笑)。

e0064128_23351964.jpg
スイートピアガーデンは初訪でしたが、期待はずれでした。喫茶コーナーがあずましくないのです。しっかりとスペースを確保して欲しかったです。メニュー的にもイマイチでした。

e0064128_23412591.jpg
e0064128_23413211.jpg
クランベリーは期待を裏切りません。今回の出来は少し柔らか目のようです。それにしても、大きいのが4つ。これからどうやってやっつけようか・・・。

e0064128_23425934.jpg
帰宅後食べた柳月のカップ系スイーツ。珈琲が美味しい!結局今晩はクランベリーに届かず仕舞い。とりあえず、半部は冷凍庫へ。

おまけ
[PR]

2006年 06月 25日 |
帯広二日目は親戚一同で紫竹ガーデンに行きました。花より団子(スイーツまたはラーメン)の私は不本意ではありましたが、今回は親戚の流れに身を委ねました。それに、花の写真はデジイチの練習の格好の材料ですし、まあ悪くはなかったんです。
で、こんな感じです。
e0064128_23192431.jpg

e0064128_2320660.jpg
e0064128_23202964.jpg


花よりアイスな人は(そうじゃない人も)こちらから・・・
[PR]

2006年 06月 25日 |
今回、法要及び宿泊したのは、「第一ホテル豊洲亭」です。叔父さんの法要はもちろんしっかりと祈りました(お寺さんの説教の時にはかなりコックリしてましたけど・・・)。久々に温泉にゆっくりつかりました。つかりすぎて疲れました。
今回は子供がアデノウイルスの餌食になってしまい、妻と子供は行くことが出来なかったわけですが、そのため父と相部屋になってしまいました。それで深夜にラーメンをふたりで食べに行くことになったんです。今年、父とふたりっきりでラーメンを食べるのは3回目です。スゴイ!
e0064128_22593948.jpg
e0064128_22595441.jpg
e0064128_2301144.jpg
ホテルの部屋はリバービューです。私はこの「○○ビュー」に弱いのです。「○○ビュー」のためならお金も払います。
河川敷では熱気球体験が出来るようでした。
[PR]

2006年 06月 25日 |
帯広のラーメン事情については全くと言っていいほど知りませんし、ほとんど食べたこともありません。せいぜい共和国に出ていた「みすず」を食べたくらいなものです。一昨年(だったかな・・・)は、「繪麗のラーメン」を帯広に食べに行くも、閉店で泣いた記憶もあります(現在は「懐」という店名で復活)。そんな状況の中、調べに調べて叔母が住む西帯広界隈で良さ気な2店にしぼりました。その一番手は「古屋」でした。店に着くと、外まで待ちが!時間は2時ちょっと前。帯広でも待ちがある店があるとは。ナメテました。叔父の法要まで残りわずか1時間ということもあり、断念。2番手の「仙人掌」へ。店構えはあまりこだわりがなさそう。店の中も決して清潔とはいえない感じ。店主さんなのか作り手はおばさんでした。「いらっしゃいませ」なし。まあ、いいでしょう。味は醤油のみです。とりあえず普通のラーメンをオーダー。
麺は地元、保刈製麺のものでしたが、私の好きなタイプではありませんでした。そして、ちょっとノビ気味。麺が団子になっているわけではないのですが、束で口の中に入ってきて、1本1本の食感を感じることが出来ませんでした。でも、スープのレベルはかなりのものです。トンコツと魚ダシのバランスが良いんです。もう少し醤油の味が濃くても良いと思いましたが、全体としてはなかなかでした。
e0064128_2245685.jpg
e0064128_22451314.jpg
補足しておきますと、店主さん(らしき女性)は、「いらっしゃいませ」はありませんでしたが、「ありがとうございました」はありました。決して無愛想な感じではなかったです。
今回の帯広シリーズでは欲を言えば、もう1軒行きたかったですが、ここと、温泉で食べたもので終了です。
[PR]

2006年 06月 25日 |
e0064128_21203425.jpg

親戚との一杯飲みも終わり、父と二人で温泉の食堂へ。隣りのカラオケボックスからは酔っ払いの「世界中のダレーよりぃきぃと♪」が聞こえてきます。ラーメンを作るオバサン二人は「昨日は4時帰りだったわ」と愚痴ってます。たまには、こんなラーメンも悪くありません。
[PR]

2006年 06月 24日 |
e0064128_2119455.jpg

法要も終わり、後は温泉に浸かるだけです。たまった体のアカを十勝川に流すぞぉ。ちなみにラーメン1杯食べました。そちらは帰ってから。
[PR]

2006年 06月 24日 |
e0064128_21185283.jpg

十勝野フロマージュのアイスクリーム。道の駅なかさつないにて。
[PR]