Top  
<   2005年 11月 ( 43 )   > この月の画像一覧
|

|
2005年 11月 29日 |
ようやく、今回の札幌食べ歩きシリーズのアップが終わりました。うーん、このタイムラグどうにかならないものでしょうか。かといって、出先でアップしている時間の方がもったいないですしね。まあ、しばらく出張もなさそうなので良しとします。
ということで、森彦で買った豆でコーヒーを淹れ、ささやかながら労をねぎらいました。一緒に、私のお気に入り、煉瓦屋の「ふたくちーず」と「かぼちーず」をいただきました。
e0064128_142271.jpg
コーヒー飲むのも、ケーキを食べるのも微妙な時間・・・。
でも、美味しいからしょうがないです。
e0064128_116521.jpg
森彦でもらったポスターを早速壁に貼ってみました。
豆もあることだし、しばらくは「おうちでもりひこ。」します。
e0064128_171730.jpg
煉瓦屋の「ふたくちーず」と「かぼちーず」の詰め合わせ。
どちらも美味しすぎです。

煉瓦屋  札幌市中央区北4条西4丁目札幌国際ビルB2
地下鉄南北線さっぽろ駅改札の近くです。
[PR]

2005年 11月 29日 |
今回の〆は、やっぱり森彦。
今日は窓際席が開いていますようにと中に入ると丁度出て行くお客さんが。2階に上がると、窓際のテーブルにはカップやケーキ皿は置いてあるものの、席には誰もおらず、どうやら先程出て行ったお客さんが座っていたらしかったので、迷わずそこに座りました。お客さんは他に中年の男女4人。楽しそうに話しています。今回は割と賑やかな森彦でした。
e0064128_03007.jpg
窓から外を眺めると、ツタが真っ赤な実をつけてました。昔、家の近くの山で良く食べた山葡萄のような実でした。
e0064128_0305218.jpg
久々の窓際席に満足しながら、今回は深モカを飲みました。
e0064128_0352354.jpg
帰り際に、コーヒー豆を買いました。お客さんが次から次へと来て、店員さんは豆を用意する時間もなさそうでした。少し待ちましたが、その間、薪ストーブで温まりました。薪ストーブにはやわらかい暖かさがありますね。懐かしい暖かさでした。
豆は素敵なミニ手さげ袋に入れてくれます。あと、豆を買うとかわいいポスターももらえちゃいます。ポスターは200円で買うこともできるようです。
[PR]

2005年 11月 29日 |
あの騰玄房が名前を変えて復活しました。場所は、ラーメン激戦区になりつつある美園。近くには、彩未、欅、時計台なんかがあります。にもかかわらず、店はお客さんでいっぱい。プチ待ちも出来るくらいでした。やはり、騰玄房の根強いファンがいるんでしょうね。
騰玄房と違うところは、まず駐車場があること。4台くらい停められます。平街に路駐して、車を気にしながら食べるなんてことはしなくてすみます。あとは、店の雰囲気が良くなりましたね。ダークブラウンを基調とした落ち着いた内装。メニューも和紙を使うなど今どきっぽいです。
醤油をオーダーし、しばらくして、財布にじゃらんのサービスチケットがあったのを思いだし、味玉を追加しようと思っていると、もうラーメンが出てきました。はやっ。「あのー」とチケットを差し出すと、小皿で味玉を出してくれました。味は、騰玄房のまんまですね。とろとろチャーシューも健在でした。
e0064128_011771.jpg
e0064128_0111829.jpg
騰玄房で出していたセットメニューの復活が望まれるところです。

麺屋 やしち  札幌市豊平区美園7条6丁目1-1
営業時間:11:30~22:00 定休日 第1月曜日
[PR]

2005年 11月 28日 |
前日、ススキノで(ウーロン茶を)飲みすぎた私は、なかなか起きることができずダラダラ寝ていたため、アイスバーグの無料朝食を蹴ってカフェで朝食をとることにしました。といっても、行きたい店で朝からやっているところはなかなかありません。向かった先は、西11丁目駅近くの、「辻が花」。店の前に着くと、ん、なんか様子が変です。窓にはシャッターがされていて、入口の窓から見える店内は暗い感じ。一応電話してみると、誰もでない・・・。今度は私が蹴られました。
しょうがないので、歩いて「ランバン」へ。トーストのセットをいただきました。美味しいコーヒーで、昨晩の疲れがぶっとびました。
e0064128_8132844.jpg
e0064128_8133211.jpg
カフェランバン  札幌市中央区南3条西5丁目20
営業時間:平日8:00~22:30 金土8:00~24:00
日・祝祭日8:00~22:00  無休(年末年始を除く)
[PR]

2005年 11月 28日 |
土日は職場の旅行会があり、今年も札幌で1泊し、ススキノで飲むという恒例のパターンで行われました。幹事が選んだ宿は「アイスバーグホテル」。なにそれ?どこにあるの?聞いたこと無い、見たこと無い。そして、美味しそうな名前。住所は南2西1。そんなのあったかなあ?
行ってみると、創成川通沿いにある萬田記念病院と仲通を挟んで西側に建っていました。
小さなホテルですが、外には英国調?の旗がなびいたりしてて高級感が漂ってます。
e0064128_139154.jpg
e0064128_1391489.jpg
部屋は結構広いです。朝食もタダで食べられます。宿泊代に含まれているともとれますけどね。
[PR]

2005年 11月 28日 |
前は良く通れど、行く機会のなかった「櫻珈琲煎房」。初訪です。
店内は結構広いですね。左奥の眺めの良いカウンター席に座りました。
出てきたコーヒーのソーサーが面白い。スプーンを置くスペースを確保するため、カップを置く位置を示した円を中心からずらしています。このソーサーを考えた人は、特許を取って今ごろ悠々自適の生活を送っているのではないか、とアホなことを考えならがコーヒーをすすりました。
e0064128_0522778.jpg
e0064128_0523467.jpg
疲れた体に沁みる一杯でした。
[PR]

2005年 11月 28日 |
スノーボードで冷えた体と腹ぺこ状態で食べるラーメンはさぞかし沁みるだろうなと思いながら、向かった先は石山の「しんがり」。開店当初、立て続けに3回行ったっきりになってました。
「しんがり」も店内のセンスが良いですね。椅子などもカフェなどで使われるような、ラーメン屋らしからぬものを使ってますし、今回は置いてある本は読まなかったのですが、前回来た時は、ショッピングバッグばかりを掲載した雑誌が置かれていたりと、かなりのマニアだと思わずにはいられませんでした。
醤油と杏仁豆腐をオーダー。出されたラーメンは、見た目は1年前と同じです。しかし、一口食べてびっくりしました。これは凄い。1年前の荒削りなラーメン(それはそれで良かったのですけど)とは全然違います。洗練されてます。ぶっとびました。おったまげました(笑)。これは、他の味も食べ直ししなければならないかも知れません。
食後の杏仁豆腐も初めて食べましたが、こってりしてて美味しいです。味のある器、しかも、器自体しっかり冷やされており、抜かり無しです。
予想外に嬉しすぎる再訪でした。
e0064128_038108.jpg
e0064128_0382151.jpg
e0064128_0382918.jpg
これで、禁煙なら文句無しの星5つなのですが・・・。残念です。
[PR]

2005年 11月 28日 |
土曜日の朝。札幌の街中は、あいにくの小雨。しかし、藤野あたりからあたりが白くなり始め、定山渓に入ってからは、路面もアイスバーンになりました。
e0064128_23481231.jpg
e0064128_23483515.jpg
上:小金湯のあたり 下:さっぽろ湖のトンネル

国際には9時前に到着。早速ブーツをはいて、券買ってゴンドラへ。コースは全面オープン。下まで滑ることができます。雪質は、ちょっと気温が上がったためか、重めでしたが、初滑りとしては文句無しでした。気持ち良く滑れました。
しかし、もう歳ですねえ。体力の衰えを感じずにはいられません。ゴンドラ2本で参ってしまいました。でも、リフト券3千円がかかっており、やめる訳には行かないので辛抱して3本、4本と滑ると、不思議と楽になりました。おそらく、余計な力が入っていたのでしょう。ということで、ノルマの「せめて午前中は滑りきること」を達成したところで無理をせず、スキー場をあとにしました。
e0064128_013065.jpg
e0064128_014712.jpg

[PR]

2005年 11月 27日 |
今回の出張の宿は、ドーミーはドーミーでも本館ではなく、アネックスにしてみました。
本館が「洋」なのに対しアネックスは「和」です。食堂も和食を出しますし、大浴場も和風です。部屋は本館より開放的な感じでしょうか。
私は部屋、大浴場とも本館の方が好きです。
e0064128_23255834.jpg
e0064128_2327104.jpg
e0064128_2327095.jpg
自由に使えるアイスディスペンサーが嬉しいです。自販機の飲み物も氷ひとつで贅沢な気分になります。使うときは部屋からアイスベールを持って行くことになります。ディスペンサーは本館にもあります。
[PR]

2005年 11月 27日 |
この日の〆、そしてこの日4杯目のラーメンは、初訪の「一粒庵」で。
時間は夜中の0時。胃もたれが心配でしたが、頑張りました。味噌を食べましたが、味噌の味が強いラーメンでした。
e0064128_2315183.jpg
e0064128_231588.jpg
まだまだ、私の胃袋も捨てたものじゃありません。
[PR]