Top  
カテゴリ:スノーボード( 14 )
|

|
2009年 01月 06日 |
今度こそボードの初滑りです。初滑りといってもシーズンのではなく今年の初滑りです(説明するまでも無いか・・・)。4日に国際へ行ってきました。ええ、もちろんひとりです。妻と息子は滝野へスキーレッスンを受けに行きました。この日は息子の誕生日です。子供をほったらかしてひとりでボードとはなんという父親でしょうか。と、毎年言いながらもうわべだけの反省に終わっています。

e0064128_21355018.jpg
パウダーを期待して朝一で行ったのですが、昨晩は降らなかったようで空振りに終りました。でも、空いてたし、一人だからゴンドラ待ちもないしまあまあ楽しめました。

e0064128_21362051.jpg
でもでも、所詮ひとりは寂しい。午前中の3時間を滑ると帰りたくなって下山・・・。ラー店へ向かいました。4日ともなると今年の営業を開始する店も増え、その中のひとつ山嵐へ。しかし、年を越しても昨年の勢いはおさまることなく見事な行列!で、久々に凡の風へ行き美味い一杯を食べました(画像なし)。

e0064128_21384833.jpg
今シーズンのボードはこれで終わりかもしれません。
[PR]

2008年 12月 14日 |
今シーズンの初滑りは2人の悪友+悪友1の息子と私の4人で国際へ。この腐れ縁の悪友2人とは今年の正月に一緒に滑ってなかなか楽しかったので、今回もまた一緒に行くことになりました。

今回も前回同様、3人とも体力の衰えを感じつつも、なかなか「休みたい」とか「止めたい」とか言いだせずに、なんだかんだで4時間ほど頑張りました。自分的にはずっと走りこんできて体力的には自信があったのですが、やはりボードは別物でしたね。まあでも最初の1時間こそすごく長く感じられて辛かったですが、その後は体も温まって楽になりました。

e0064128_22371557.jpg
人が多かったことを除けば、天気も良かったし、雪もやわらかくて最高の初滑りでした。最後は腹も減ったし美味しいラーメンを食べに行こうということで、帰るきっかけを作り無事止めることができました。
[PR]

2008年 01月 20日 |
息子と雪山へ行きました。家の前の・・・。

e0064128_22591963.jpg
息子が外で遊びたいと。面倒だなと思いながら渋々雪遊びを始めました。ここ数日でコツコツ少ない雪をかき集めて山を作りました(妻が・・・)。ソリ用のスロープです。しかし遊び始めるとついつい力が入り、我慢できずにボードを持ち出す始末・・・。でも、やっぱりゲレンデに行きたいですねえ。

その頃娘は・・・
[PR]

2008年 01月 05日 |
悪友Mともう一人の悪友Tと3人で国際へ。この3人は中学で野球部、高校で陸上部と6年間同じ部活に所属していた腐れ縁ではありますが、3人だけで出かけるのは自分の記憶の中にはありません。当然ウィンタースポーツを3人でやるなんて有り得ない話しで、ちょっと恥ずかしく、かなり気持ち悪い、Mの言葉を借りれば「緊張して吐き気をもよおす」ような出来事なのです。
しかし、我々も年をとりました。割引券を使って1日券を買ったものの、3時間がいいところだろうということで、午前中だけ頑張って滑ることにしました。疲れながらも他の2人には弱音を吐くまいと誰も「休もう」と言いません。ゴンドラの中では「これ滑ったら休むべ」といいながらも、下まで滑ると再びゴンドラへ向かう有様・・・。

e0064128_21135130.jpg
T(後ろのスキーヤー)からスプレーをかけられ雪まみれになるM。T曰く「Mの黄色いウェアがムカつく」のだとか・・・。

今まで一人で滑ることが多かったのですが、たまには気の知れた連中と滑るのもイイですね。また来年と言っていたけど、果たして恒例行事になるでしょうか・・・。
[PR]

2008年 01月 02日 |
2日はフッズで初滑り。私は軽くボード、息子はスキーのプライベートレッスンです。

e0064128_2234026.jpg
フッズの山頂からの眺めです。この日はホントに軽く1時間くらいしか滑りませんでした。

e0064128_2235158.jpg
息子の方は苦戦した様子。かなり疲れたようで、お腹が空いたと言いながらも、ゲレ食より帰ることを選択するほどでした。
[PR]

2007年 02月 13日 |
全く想定外でした。今日もラーメンも一杯でも食べて帰ろうと思ってましたが、急遽滝野へ行くことになりました。子供が今シーズンスキーデビューしたものの、滑ったのはたったの1回。せめてもう1回くらいということで、滝野へ行くことになったのです。しかし、私は全く雪山へ行く準備をしてません。妻の義父さんのスノージャケットを借りて行きました。
滝野では子供のスキーレッスンが安く受けられます。しかし、抽選です。今日は午前、午後、それぞれ35人でした。帰りのことを考えるとなんとしても午前をゲットしたいところ。そして、見事抽選で35人に入ることが出来ました。
e0064128_0163166.jpg
e0064128_0164014.jpg
子供のグループは6人。レベル的には私の子供が一番出来てませんでしたが、それにもメゲズに頑張ってました。最後にひとりでリフトに乗って終了しました。

レッスンが終わったあとは約束していた、チューブスライダーをしました。しかし、これがスゴイ人気で寒空の中30分待ち・・・。何度もくじけそうになりながらも何とかチューブをゲットして、ロープトウで上へ。順番が来て滑りましたが、これがなかなかイイスピード。ちょっとビビリました。そして、最後は減速させるために雪が凸凹になっていて、お尻が痛い。お尻を浮かせればいいだけなのですが、最初はそれが分からずにモロダメージを食らいました。まあ、何はともあれ、久々に子供と遊べてよかったです。これでこの後ラーメンが食べられたらもっと良かったんですけどね(笑)。
[PR]

2007年 01月 07日 |
またまた国際へ。道中は相変わらず路面が出て運転しやすい状態でした。いつもこんなだといいんですけどね。この日の国際は風が強かったです。そのため、向かって右側のクワッドは動いていませんでした。8ゴンドラのみの運行だったため、ゴンドラ待ちの列がかなり長くなりました。待ち時間がかなり長く、その代わりゲレンデのスキーヤー、ボーダーが少なくて滑りやすいという状態でした。
e0064128_23253269.jpg
e0064128_23255783.jpg
分かり難いかも知れませんが、このとおりスゴイ行列・・・。途中から6ゴンドラも動いたので分散されて待ち時間も短くなりましたが、今度はゲレンデに出る人が多くなって滑りにくくなりました。どちらにしても、国際の状況は良くありませんでした。

e0064128_23274330.jpg
e0064128_23275665.jpg
ゴーグル越しの見え方です。こんなことしている暇があったら滑れ!って感じですが・・・ひとりなのと固めの雪質がつまらなかったのです。せっかくの2度の国際もあまり楽しめずに終わりました。そして、それは今シーズンの終わりも意味するのでした・・・多分ですが。
[PR]

2007年 01月 05日 |
この日は息子の誕生日。で、ひとりで国際へ(笑)。
いいんです。息子はいとこと遊ぶのに夢中なのですから。さて、今シーズンは暖冬で雪が少ないだけに、雪量の多い国際に期待が高まるところですが、道中からこの有様でした。
e0064128_217573.jpg
さっぽろ湖まできても路面が普通に出てます。結局この路面状態がスキー場まで続きました。まあ、運転しやすいからいいんですけどね。でも、それだけ降ってないということです。

e0064128_2173984.jpg

e0064128_2175339.jpg
e0064128_218454.jpg
ダウンヒルです。やはり全体的に雪は少ないです。ガリガリではないですが固いです。雪質はフッズと変わりません・・・。にも関わらず、かなり混んでました。冬休みとはいえ、平日で仕事初めの日なので少ないかと思いきやスゴイ人でした。ゴンドラ待ちもありました。札幌近郊のスキー場がイマイチなので、国際ならと集まっているのでしょうが、「やわくない国際って面白くないね」とか「なぜ、北海道まで来て並ばないといけないのよ」という声が聞こえてきました。この日はそんな国際でした。

e0064128_2185861.jpg
最後に記念撮影をしました。でも、ひとりなので自分は入れません。私のボードです。繋ぎで買ったK2です。繋ぎのつもりが3シーズン目になってしまいました。もはや繋ぎではありません。もう1本バートンのカスタムを持ってます。こちらの方が断然乗りやすいですが、古いモデルのため封印しています。
[PR]

2007年 01月 05日 |
初滑りと言っても2つの意味を持ちます。ひとつは私の今シーズン初滑り。シーズンの初滑りが年明けとなったのはボードを始めて以来、初めてのことです。
もうひとつは、子供のスキー生涯初滑りです。個人的には一緒にボードが出来ればと思っていますが、いきなり横乗りは無理だと思ったことと、スキーでも何でもいいから頑張れば出来るようになることを分かってもらいたく、とりあえずプライベートレッスンを受けさせることにしました。
親の心情としては、終わったときに「もう一度やりたい」のひと言が聞ければ万々歳なのですが、「もういい・・・」と言われる可能性もあるわけで、果たしてどちらに転ぶかが見ものでした。
e0064128_20462865.jpg
フッズ・スノーエリアです。ご覧のとおり、ピーカンでした。

e0064128_20455967.jpg
集合場所で何を思うか、我が息子。

で、その結果は・・・
[PR]

2006年 01月 04日 |
滑り始めじゃないですよ。おそらく、今シーズンはこれで終わりかと。今の部署にいる限り1シーズンに2、3回がやっとの状況なのです。

さて、雪の降りしきる国際に到着したのは8時半。道中は雪がちらついていたものの、恐怖の地吹雪もなく路面状況も良好でした。
e0064128_2143574.jpg

チケットを買って、ゴンドラ乗り場に行くと、若い男性が既にスタンバイしていました。「もしや、この人がうわさの1番ゴンドラお兄さんでは!」と思いながら私は2番目に並びました。
階段を駆け上がるのが超速いお兄さんは見事1番ゴンドラをゲット。私は2番ゴンドラで山頂へ。
向かうはもちろんダウンヒル。腰パウ、膝パウとまではいきませんが、コブの底づき感のない十分な雪量。気持ち良くパウダーを巻き上げました。
2本目はダスキンへ。しかし、こちらは底づき感がもろあり大失敗。もう1本ダウンヒルにしておくべきでした。で、3本目はダウンヒルへ。けっこう喰われてました。なので、休憩(ってか、もう体力の限界)。
その後は、エコー、ファミリー、メルヘンを適当に滑りましたが、終始雪が降り続いたので、コースは常に軟い状態で、ボーダーにとってはかなり良いコンディションだったと思います。人も少なくて、かなり攻めることが出来ました。
e0064128_2222070.jpg
ダウンヒルを見上げる。
視界は悪そうですが、意外と見えました。

e0064128_0125189.jpg
子供のお土産に買った「ゴンドラチョロQ」。微妙です。
[PR]