Top  
カテゴリ:おでかけ( 38 )
|

|
2009年 12月 21日 |
土曜日です。「Mと一緒に札幌で子どもたちのクリスマスプレゼント買ってくるわ」と妻に言い残し、悪友Mと早朝5時半に札幌へ向かいました。車には何故かスノーボード……。朝一の国際を目指します。

e0064128_2241151.jpg
かなりの積雪で最高の初滑りでしたが、二人とももう若くありません。2時間滑るのがやっと。

e0064128_225347.jpg
で、昼には豊平峡温泉でカレーを食べ、ゆったりと風呂につかりました。

その後、本来の(?)目的であるクリスマスプレゼントを無事購入し(息子の希望の品がファクトリーのトイザらスになく、アリオに行きなんとかゲット。しかも在庫残りわずか……そんなに人気のオモチャだったとは)、彩未さんで〆ラー(味噌チャーシュー+ライス)を食べ、更にPP(ピープル・ピープ)で〆パフェ(ヨーグルトパフェ)を食べ、体が冷えたので奥芝商店でスープカレーを食べ帰りました。さすがのMも「と、トイレ……」と調子が悪くなったようでしたが、私は大丈夫でした。鍛え方が違います。

koyori石けん
[PR]

2009年 09月 28日 |
旅行中はとにかく家族サービスに徹した私。自分の行きたい所も行かず、子供たちが寝静まったころを見計らってひとりラーメンを食べに出歩くこともしませんでした。が、最終日、どうしても行きたいところがありました。

e0064128_20425685.jpg
皇居です。どうしても皇居ランがしたい!しかし、ホテルは安全上の問題で6時ちょっと前にならないと玄関を開けられないとのことで、帰りの飛行機の時間を考えると私に与えられた時間は1時間ちょっと……。携帯で電車の時刻表と所要時間を調べると、浅草から皇居周辺の駅で一番近いのが竹橋駅。しかし、早朝ということもあって電車の本数が少なく所要時間は20分かかるとのこと。移動20分→皇居ラン5キロ20分→移動20分でギリギリの計算。しかし、ランのキロ4分は自分のほぼ全力のペース。しかも早朝となるとかなりキツイ。でも後悔したくないので思い切って行くことにしました。

e0064128_20465369.jpg
6時ちょっと前にホテルを出て、浅草駅までダッシュ。地下鉄構内もダッシュ。日本橋での乗換えもダッシュ!するといいタイミングで電車が入ってきてギリギリ飛び乗り、浅草-竹橋間を15分ほどで移動できました。

e0064128_20505271.jpg
皇居は程よくランナーが走っていましたが、オヤジランナーばかりで若い女性がいなかったのが残念といえば残念でしたが、とにかく気持ちが良くてあっという間に1周5キロでした。ペースも行きの移動で5分のアドバンテージを作ったのでキロ5分から5分半で気持ちよく走ることができました。

e0064128_20542897.jpg
GPS付きウォッチを持って走ったので、グーグルアースに落としてみました。うーん、もう1周くらい走りたかったですが、まあ、走れただけ良しとしましょう。

e0064128_20563166.jpg
帰りの地下鉄も汗だくで乗り込み、乗り換えもダッシュで予定通り1時間ちょっとでホテルに到着。その後家族で雷門前のデニーズで朝食。ここのデニーズは3日ほど朝食で利用しました。

e0064128_20585827.jpg
ホテルをチェックアウトし、雷門にお別れの挨拶。

e0064128_20593099.jpg
ということであっという間の5日間でした。
[PR]

2009年 09月 27日 |
e0064128_19191110.jpg
4日目は吾妻橋からスタート。アサヒビール本社を眺めます。

e0064128_1922412.jpg
前日のTDLに続き、この日も千葉県へ。海浜幕張駅を降りるとマリーンズ一色。

e0064128_19254381.jpg
でも、幕張に来たのは野球が目的ではなく、恐竜展。その名も「恐竜2009砂漠の奇跡!!」。偶然地下鉄構内の広告で知り、息子の強い要望で東京観光から急遽変更することに。

e0064128_19292840.jpg
「マニアックな世界だし、入場料も結構取るからお客さんなんかいないんじゃないの?」と思っていったら、結構な人でした。

e0064128_19305877.jpg
内容も充実していて、見ごたえがありました。高い入場料も納得。

e0064128_19314686.jpg
息子はすっかり恐竜の世界に入り込んでしまって、仕舞いには歩き方が恐竜に……。

e0064128_19323458.jpg
恐竜展の最大の見所、恐竜のミイラ。恐竜の骨は見られても皮膚はなかなか見られません。でも、分かり難い……。

e0064128_1934428.jpg
恐竜に興味のない娘を喜ばせるために、幕張から渋谷へ。NHKスタジオパークです。丁度わんわんと記念撮影の時間でラッキーでした。眠りから覚めた娘の目の前にいきなり現れたわんわんに娘は大興奮でした。

e0064128_19375758.jpg
アフレコ体験もできます。いくつかある中から息子はおじゃる丸を選択。娘の台詞はありませんでしたが、愚図った声が見事に入っていました……。

浅草に戻り―――
[PR]

2009年 09月 26日 |
e0064128_2133676.jpg
3日目は東京ディズニーランドへ。連休中の天気の良い日にと思ってチケットはオープンチケット。でもこのチケットは入場制限がかかると入れなくなるので朝一の開門と同時に入らなければいけません。ということで、5時に起きて6時ちょっと前に浅草を出発。開門1時間半前の6時半に舞浜に着きました。が、この時点でかなりの人、人、人にウンザリ。でも、開門前に後ろの行列を見たら自分たちがかなり前に並んでいることが分かりました。

e0064128_2181574.jpg
開門から5分くらいでパークに入ることができました。まず、私はビックサンダー・マウンテンのファストパスを取るためウエスタンランドへ猛ダッシュ。さすがにこの時間のウエスタンランドはガラガラ。ファストパスも待ちなしで無事ゲットです。

e0064128_21125819.jpg
妻は娘を抱えているので走ることはできませんが、二人の子供と新アトラクションのモンスターズ・インクへ。私もファストパスをゲットしたあとモンスターズ・インクへ走りましたが、その途中で妻からモンスターズ・インク2時間待ちとの電話が……。最初から2時間待ちとは、恐るべしです。それでも、4人で2時間待って初アトラクションを無事終了。しかし安心していられません、ビッグサンダー・マウンテンのファストパスの時間終了まであと10分……。

e0064128_2118077.jpg
トゥモローランドからウエスタンランドまで息子と二人で走り、なんとか時間に間に合いました。さすがはファストパス。10分ほどでコースターへ。息子は初コースターで楽しみにしていましたが怖かったようで、途中から半ベソ状態。最後は自分の力では降りることが出来ないほどでした(笑)

e0064128_21205516.jpg
私と息子がビッグサンダー・マウンテンに乗っている頃、妻と娘はパレードの場所取り。場所取りから1時間45分後パレード開始。

e0064128_2122431.jpg
妻が適当に選んだという場所はなかなかいい場所で、ミッキーが丁度目の前で止まりました。

e0064128_2124945.jpg
その後、ジャングルクルーズ(40分待ち)を終えてトゥーンタウンへ。これまで2度ディズニーランドに来たことがありますが、ここに来たのは初めて。娘のためにあるような所で、ここではキャラクターと記念撮影しました。娘はキャラクターを追いかけて大興奮でした。

e0064128_21271699.jpg
食べる時間も惜しんだ我が家は、待ち時間を利用してテイクアウトのピザだとかポテトだとかで食いつなぎました。

e0064128_21281753.jpg
こちらも娘用のイッツ・ア・スモールワールド(40分待ち)。

e0064128_212919100.jpg
これが思いのほか良かったです。娘も息子も大喜び。これってこんなに良かったっけなあ?

e0064128_21303822.jpg
その後息子とスターツアーズ(待ちなし)に乗り、その間、妻と娘はバズ・ライトイヤーのアストロブラスターの列へ並びました。私と息子も食べ物を買って列に合流。90分待ちとのことでしたが、待ち慣れたのかあっという間に乗る番がきました。これは点数を競うゲーム感覚のアトラクションなので楽しかったですね。

e0064128_21351920.jpg
ディズニーランドはハロウィン仕様になっていました。夜まで子供たちがもつと思っていなかったのですが、結果的には8時から8時までとかなり頑張ってくれました。「子供のため」のディズニーランドでしたが親の方がすっかり楽しんでしまいました。

e0064128_21374253.jpg
で、最後はここ、浅草雷門。夢のようなディズニーの世界から一気に現実に引き戻されました。でも、娘は「あっ、あっ(またここに戻ってきたよ)」と雷門を指さして大興奮。すっかり雷門がお気に入りのようでした。
[PR]

2009年 09月 25日 |
e0064128_23225281.jpg
東京観光1日目は上野です。これは息子のリクエスト。

e0064128_23233946.jpg
まずは国立科学博物館へ。

e0064128_23244387.jpg
息子はこんなのや……

e0064128_2325619.jpg
こんなのや……

e0064128_23252794.jpg
こんなのを見るのが楽しいらしい。でも、あまり興味のない私でも楽しめました。1日居ようと思えばいれますね、ここは。息子は大満足だったようで、「ここで働きたい!また違う日に来たい!」と目を輝かせていました。

e0064128_2328271.jpg
昼は博物館のレストランで恐竜の足ハンバーグ(笑)

e0064128_23284112.jpg
昼からは上野動物園へ。ここも息子が前々から来たかったところ。

e0064128_23293880.jpg
1年生のとき、国語で「かわいそうなぞう」を読み、学習発表会でも劇をやって以来、とにかくこの動物慰霊碑を見たいと言い続けてきました。その慰霊碑を目の前に感慨深い様子の息子。

e0064128_23341719.jpg
動物園はスゴイ人でした。上野動物園には現在、パンダはいないんですね。それすら知らずに行った上野動物園でしたが、何とかほぼ回って、最後は息子のお目当ての爬虫類館へ。

お待ちかねの晩は―――
[PR]

2009年 09月 24日 |
シルバーウィークは家族4人で東京へ行ってきました。心配された台風も無事太平洋へ抜け、新型インフルも何とか(出発前は)クリアし無事出発することが出来ました。

e0064128_21301951.jpg
娘は初道外、初飛行機です。でも、空を飛んでいることは分かっていない様子。恐らくバスに乗っているとでも思っているのでしょう。

e0064128_21311442.jpg
1日目は移動のみ。羽田空港から向かった先は浅草雷門。

e0064128_2132111.jpg
そして、雷門の向かって左側に佇むその名も「ホテル雷門」がこの旅の基点です。なんとも素晴らしい立地。

e0064128_21334915.jpg
部屋の窓からは雷門!雷門ビューです。

この日の晩は―――
[PR]

2009年 08月 13日 |
昨日は息子とふたりで様似町のアポイ岳に登山へ行ってきました。

e0064128_11295210.jpg
私は中学生の時に登って以来ですから20年ぶりです。日ごろのランニングが登山にいかされるのか、そして、息子はどこまで登れるのか、熊は?マムシは?ダニは?不安な中でのスタートです。

e0064128_1133158.jpg
5合目までは森林浴を楽しみながらの登山。途中、セミやクワガタを見つけたりしながらゆっくり登りました。

e0064128_11365033.jpg
登山道の所々にある熊よけの鐘。子供の遊びものになっています。

e0064128_11451173.jpg
約1時間半かけて5合目に到着。とりあえずここが目標だったので、この先行くかどうかは息子に委ねることに。息子はかなりきつそうでしたが、息子の答えは「山頂を目指す」でした。実は2合目くらいで下山してきた家族に会って、その子供が息子より小さかったのですが、聞くと山頂まで行ったとのこと。それを聞いていたので意地になっていたのかも。

e0064128_11454456.jpg
5合目を過ぎると視界も開けて眺めが良くなります。丁度海岸線を境に海は霧がかかって雲海のよう。

e0064128_123247.jpg
パンフレット片手に高山植物の名前を確認する息子。

e0064128_126590.jpg
5合目から上は岩礫地で斜度もきつくなります。息子もバテてきて、休む回数が増えてきました。

e0064128_128588.jpg
何とか馬の背まできました。眺めが最高です。

e0064128_1285863.jpg
8合目!山頂まであと少しと思いましたが、この日は本当に暑かった……。水分補給もこまめにしましたが、息子の顔が真っ赤で辛そうだったので、8合目半で引き返すことに。息子は無念がるかなと思いきや、8合目までこれたことに満足だったようで一安心。

e0064128_12125058.jpg
ということで下山。こちら側の斜面からはクーラーのような冷たい空気が上がってきて気持ちいいのですが、逆側の斜面は暑くてへばりました。もう少し涼しい日か、早い時間に登り始めれば山頂まで行けたかも。

e0064128_12155585.jpg
下りの方が心肺機能的には疲れませんが、足はガクガクだし、滑るので気づかれします。息子の体力を考えると8合目で引き返したのは正解だったかも知れません。

残念ながら山頂まで行くことはできませんでしたが、馬の背までいって良い眺めも観られたし、高山植物も結構咲いていたので、いい登山になりました。

高山植物たち
[PR]

2009年 07月 27日 |
e0064128_2221531.jpg
金曜日の夜は豊平川の花火でも、札幌ドームのオールスターでもなく、ドームはドームでも大通公園のドームへ。サッポロ・シティ・ジャズ。この季節に古内東子さんが観られる(冬のライブが多いので)ということで楽しみにしていました。

e0064128_22115892.jpg
大通公園に出来たホワイトロックミュージックテント。チケットを見ると自由席のこと。テントの中にはテーブルがあって、そこで飲み食いしながらライブを観るシステムらしいのだが、一人で行って浮いたりしないか不安がよぎります。開場は5時ということで、浴衣姿のギャルを横目に5時丁度に会場へ。すると座席指定なるものが4時から行われているとの表示が。そんなことなら4時に来たのに、チケットにもHPにもそんなことは書いてなかったはず。アナウンス不足じゃないのかよと思っていたら他のお客さんもそうだったらしく、「知らなかったね」という声が。それでも、最前列とはいかなかったものの、まだ仕事が終わっていない時間ということあってか、2列目をゲット。

e0064128_22211675.jpg
まずは森大輔さんから。し、知りません。が、パンフを読むとかなりの実力の持ち主らしい。なるほど、ピアノも上手いし、歌唱力もなかなかです。森さんが思いのほか良いライブだったので、すっかり気を良くして、では次は東子さんと思って最初の曲……あらら、なんだか様子が変です。高音で声が出なかったような。次もその次も高音になると声が出ません。脇の下に嫌な汗が……。こうなると落ち着いて聞き入っていられません。間違いなく喉の調子が悪いとしか思えません。曲の合間に静かに咳をしていたので風邪を引いたのでしょう。これは全くの想定外でした。野球観戦なんかはクソ試合もたまには(しょっちゅう?)ありますが、そうなることも5分5分の覚悟で行くので諦められます。しかし、ライブの場合は普通に歌ってくれるのが当たり前と思って行くだけにショックでした。音をはずすとか歌詞を間違えるとかいうレベルではないのです。いつ曲がストップしてしまうのだろうとハラハラさせられました。それでも、言い訳もせず最後まで歌いきる東子さんの姿にプロ根性を見ました。アンコールするのも忍びなかったのですが、当然アンコールも一所懸命歌いきりました。

やはり100%のライブが観たかったですが、やはり東子さんは素敵でした。ある意味貴重なライブを観られたのかなと納得することにしました。
[PR]

2009年 07月 23日 |
皆様、ご無沙汰しております。サボってました。多忙な日々が続き、更には体調を崩し無気力状態が続いていました。

6月中旬に母が入院しました。数年前にくも膜下出血で倒れ、奇跡的に障害も残らず普通の生活が出きるまでに回復しましたが、今度は乳癌、それもリンパや肝臓に飛び火しているとのこと。ステージ4……。そこまでになるまでよく放っておいたものだと思いましたが、乳癌の告知にも母はそれほどショックを受けている様子はなく、本人曰く「癌って言われたら泣くんだろうなと思ってたけど、涙もでなかった(笑)」と意外とあっけらかん。今は退院して週1で抗がん剤を打っている状況ですが、副作用もそれほどなく至って元気なのでとりあえずは安心しています。まあ、そんなことで6月は仕事が忙しかった上に札幌へも週1、2回日帰りするような状況が続いて疲れが溜まったところで7月になり、仕事も一区切りつきほっとしたところで、今度は夏風邪……。やられました。7月の最初の土、日寝込んで、月曜からの仕事は気力でどうにかなったのですが、また休みの日になると動けなくなって、また月曜日から気力で仕事して3連休までには何とか治るだろうと思ったのですが、結局土日も寝込む状態。この間の2週間はランニングも出来ず、エントリーしていた豊平川マラソン(フル)もDNS。とにかく走られなくてストレスも溜まりました。更に追い討ちをかけるように、北海道マラソンの当日の仕事が確定……。屈辱のDNSとエントリー料8千円が無駄になったショックで無気力状態に陥りました。

それでも3連休の最終日には元気になり、4時に起きて久々の朝ラン。すがすがしい気分になったので、久々に家族で出かけることに。

e0064128_22344835.jpg
富良野です。でも、ラベンダーは連日雨が降り続いた影響か色あせている印象。まるで自分の今の心境のよう。

e0064128_22361316.jpg
それでも久々に美味しいものを食べて元気に。

e0064128_22363752.jpg
手打ち蕎麦 まん作
上富良野町西町2丁目
営業時間 11:00~17:00
定休日 水曜日

e0064128_22385315.jpg
フラノ・デリスで買ったバトン・フロマージュ。Goshとのコラボ商品「Goshの珈琲」が美味しいです。

ということで、それでなくても今年に入ってからアップが極端に減っていましたので、少しずつ増やしていきたいと思います。それにしても今年の夏は短そう……。
[PR]

2009年 05月 10日 |
土曜日に二十間道路桜並木に行ってみると、かなり桜が散り始めていました。家族に見せるとしたら日曜日がラストチャンスということで、今日は5時起きで妻が弁当をつくり、私がキャンプ道具を物置から引っ張り出して、まだ眠っている娘を毛布にくるんだまま車に乗せ、二十間道路へ出発しました。

e0064128_18421090.jpg
桜はイイ散り様でした。

e0064128_18425849.jpg
ご覧のとおり葉桜です。

e0064128_18433527.jpg

まずは朝食。ちょっと寒かったけど外で食べるご飯は美味しい!もちろん食後のコーヒーもあり。シングルストーブでお湯を沸かし、森彦のマンデリンをコーノでドリップ。この一杯は格別です。

e0064128_1847202.jpg
桜はイマイチだったけど、景色は良いし、空気が美味い。子供たちも走り回って楽しそう。

e0064128_18481019.jpg
時より吹く風に舞う桜吹雪がなんとも良かったです。子供たちは帽子を脱いで舞う桜を追っかけます。

e0064128_18501459.jpg
場所によってはまだキレイに咲いています。

e0064128_1850352.jpg
e0064128_18505124.jpg
桜もこれで終わりですね。

優駿浪漫号―――
[PR]