Top  
カテゴリ:Cafe/喫茶( 99 )
|

|
2007年 01月 14日 |
ラーメンの次はコーヒーということで、三四郎から歩いて十一月へ。雑貨も見たかったけど時間がなかったのでコーヒーを1杯飲んで店を後にしました。
e0064128_21271124.jpg
e0064128_21271542.jpg

雑貨喫茶 十一月
札幌市中央区南2条西8丁目(狸小路8丁目、FAB cafe2階)
[PR]

2007年 01月 08日 |
妻の実家がある南区藤野にシャレたカフェが出来た!ということで行ってきました。店内は藤野とは思えないほど(といったら藤野に住んでいる人に失礼か・・・)いい感じです。自家焙煎しているようで豆も売ってますし、パスタやケーキ等、フードも充実しているようです。
e0064128_0285357.jpg
スタンダードブレンド(だったっけな・・・)を飲みましたが美味しかったです。ウェッジウッドがマブシイ。

e0064128_0292851.jpg

スタンダードカフェ
札幌市南区藤野3条6丁目7-1
営業時間 10:00~18:00 (ランチ11:00~15:00)
[PR]

2007年 01月 06日 |
寅乃虎まで来たら森彦は目と鼻の先。行くしかありません。運よくちょうど駐車場から出てくる車があり、無事駐車できました。店内も混んでいて、空いていたのは1階のカウンター席のみ。その後の次々お客さんが来ては途方に暮れて帰って行きました。ギリギリセーフでした。しかし、そんな日の1階はその様が否が応にも耳に入ってくるので落ち着きません。ゆっくり過ごすなんてことは出来ません。
e0064128_1510396.jpg
この日は浅モカを飲み、豆(こちらも浅モカ)を買って早めに店を出ました。

e0064128_1511068.jpg

森彦
札幌市中央区南2条西26丁目2-18
営業時間 12:00~22:30 
不定休

その後・・・
[PR]

2007年 01月 06日 |
国際で3時間ほど滑って(体力的にそれ以上は無理・・・)、ラーメンです!苦手なエリアをやっつけようと、国際から北郷までぶっ飛ばしました。しかし、「麺や昆」も「えれのらーめん」も休み・・・。これはフラレたのではありません。正月休みなのです。ちょっと電話一本すれば分かった話なのです。
水源地通を戻ってラーメンではなく、まずはコーヒーを飲むことに。トミー館です。森彦代表の市川さんが影響を受けた店とか。森彦の原点ともいえる店ですから期待が膨らみます。
入るとカウンターは常連っぽい方々で埋まってました。テーブル席に座り店内をキョロキョロ。森彦の原点、なるほどです。マスターが渋い感じで美味しいコーヒーを淹れそうな雰囲気を醸し出しています。マンデリンをオーダー。マンデリンは私的には軽い感じで飲みやすかったです。
でも、私にはこの店は10年早いかも知れません。それは学生時代に初めて、「よし、コーヒーを飲みに行くぞ」と沢田珈琲店に行ったときの気持ちに似てました。「美味しい。でも、まだ俺には早すぎるかも・・・」。カフェや喫茶店には子供のおもちゃのように対象年齢のようなものが存在しているような気がします。トミー館が似合う男になるには、もう少し時間が必要な気がしました。そう考えると、幅広い年齢層から愛されている森彦はスゴイなあと思わずにはいられません。
e0064128_14534396.jpg

大人の店での写真撮影は超緊張します。店のお姉さんに確認すると、笑顔でどうぞとのこと。会計のとき、「撮られましたか?」と気にかけていただきました。お姉さんのそのひと言が嬉しかった!

e0064128_14543683.jpg
e0064128_1454479.jpg

トミー館
札幌市豊平区月寒東5条8丁目(東北通沿い)
営業時間 平日9:00~19:00 日祝日10:00~18:00
定休日 毎週火曜日 第2・第3水曜日
[PR]

2006年 12月 30日 |
カフェの場合、ラーメンと違ってランキングが難しいですね。カフェの定義をどうするかという問題がありますが、とりあえずは珈琲を飲んだ店の複数訪問のランキングということにしたいと思います。

①森彦 7回
②サティ 4回
③のや 3回
④やぎや 2回

うむー、あまりランキングにする意味がありませんね・・・。カフェの場合、ラーメンと違ってひとりで入れる店がかなり限定されるんですよね。行きたいけど男ひとりでは微妙だなという所もありますし(と言いながら結構行ってますが・・・)。
やはり、森彦がダントツですね。フラれたこともありましたし、豆だけ買いに行くこともありましたので、実際にはもっと店には行ってます。豆は森彦からかなり買いました。行けないときはメールでオーダーして買ったりもしました。会員にもなったことですし来年も森彦の利用は増えそうです。サティは、夜の店ですが、たまたまなのか、いつ行ってもお客さんが居なくて、それが良いんですよ。珈琲そのものというより雰囲気が好きな店ですね。なんか良いんです。のやはもういうことなし。ひとりでも行ったし、家族とも行きました。野郎同士でも行けるし、女の子と行ければ・・・なお宜しいと思います。困った時はのやって感じですね。やぎやは今年、一番のヒットです。場所、雰囲気、やぎ(笑)。これでランチメニューが多ければ文句なしなんですけどね。夜の部を使ってみたいですけど、それは来年以降ですね。
番外編ということで、地元ねこや食堂に6回、すすきののピープル・ピープには3回行きました。どちらもマニア心をくすぐる良い店です。ピープはフラれたこともありましたが、本当はもう少し行きたいところでした。
珈琲豆は森彦と斎藤珈琲を交互に買っていました。レギュラーコーヒーを飲むことが多く、エスプレッソとかいわゆるシアトル系といわれるものを飲む機会は特に後半は減りました。
まだまだ気になる店がありますので、ラーメンと同時にこちらも新規開拓を進めていきたいと思っています。良い店の情報、お待ちしております。
[PR]

2006年 12月 24日 |
昨日の昼のねこや食堂です。鍋焼きうどんをいただきました。
e0064128_815638.jpg
美味しくいただいて汁をすすっていると、タマゴの黄身の残骸発見!レンゲですくって食べると柑橘系の味が。柚子でしょうか。これはいいですね。先日行ったラー店、桃福もそうでしたが、醤油味に柚子は嫌いじゃないかも。最後まで美味しくいただけました。

で、昨日のコナ猫ちゃん。店主さん曰く、おかしな猫なのだとか。超接写の許可をいただいたので(コナ猫ちゃんにはもらってないけど・・・)、かなりレンズを近づけることができました。
e0064128_81126.jpg
レンズを向けても無関心のコナ猫ちゃん。

e0064128_8113028.jpg
ようやくポーズをとってくれたコナ猫ちゃん。

e0064128_812679.jpg
でも、まったりしてしまったコナ猫ちゃん。

e0064128_8123258.jpg
店主さんに促され、ようやくミニこたつで丸くなったコナ猫ちゃん。
[PR]

2006年 12月 17日 |
いつものパターンで食後のコーヒーということで、sumomocafeさんのところで知ってとても気になっていた、斉藤ファームへ早速行ってきました。建物が都市景観重要建築に指定されているカフェレストランです。JR発寒駅そばで前には大型のスーパーがある立地条件ですが、この一角だけまったく違った世界が広がっているのが面白いです。店内に入ると焙煎機や豆が置いてあり、更に扉を開けると広いカフェスペースが広がってます。店内は薄暗くてランプが灯してあり、なかなかいい雰囲気。宮田屋にもっと個人の手を加えた感じ(分かり難い・・・)です。珈琲はなんとかB(名前忘れた)という深煎りのものをオーダー。なかなか美味しいです。
e0064128_2057073.jpg
e0064128_20571475.jpg
e0064128_20572752.jpg
e0064128_20575339.jpg
フードメニューも充実していて、素材にもこだわっているようです。再訪したいカフェがまたひとつ増えました。
[PR]

2006年 12月 12日 |
アップが遅くなりましたが・・・土曜日の続きです。
まるはから澄川のコーチャンフォーへ行き、ラーメン関連本と沢木耕太郎の「天涯6」を購入。更にその足で森彦へ。着いたのは8時。狭い路地を進むと暗闇に森彦が現れました。雪に覆われた森彦が素敵でした。
誰もいなかったので1階のカウンター席へ。コロンビアをオーダー。カウンターには森彦10周年の告知が。もう10周年なんですね。そして、メンバーズカードを作ったとのこと。いろいろ特典があるようなので早速登録しました。 なんと、スペシャル会員ってのもあります。しかし、かなりハードル高そう・・・。豆をかなり購入しなければなりません。それはいいのですが・・・カードを読む限りでは、私のように地方へ送ってもらう分はカウントされないような感じ。つまり店頭で購入しなければポイントが加算されないようなのです。一応後で確認してみますが、なんとか地方発送分もポイントに入れて欲しいものです。
e0064128_8105651.jpg
コロンビアです(マンデリンですと言っても分からないでしょうけど・・・)。相変わらずカウンターには、珈琲関連の書籍が並べられています。その中のちょっとサイズが他のものと違う本を手にとりました。たしか「コーヒー・ガイド」とかいう本。昭和30年代に出されたその本を何気にめくると・・・結構面白いのです。現在ではコーヒーガイドとしてはほとんど役に立ちません。レベルが低すぎるのです。ただ、当時、まだコーヒーがそれ程庶民に普及していなかったことが読み取れます。そのくらい1から10まで書かれていて、それがかなり笑えます。たとえば「コーヒーはブラックだと決め付けてはならない。通ぶらないで砂糖やミルクを入れたほうがいい」のようなことが書かれているかと思えば、「最初から砂糖やミルクを入れてはならない。まずはブラックで。更にミルク、砂糖と入れれば3度美味しい」と、私のうろ覚えなので、細かな点は違いますが、おおよそこんなことが書かれていました。森彦に行かれた際は、美味しい珈琲のお供にこの本をどうぞ。

e0064128_81911100.jpg
1階は久ぶりでしたが、ここもいいですよね。クリスマス時期もいいんですよね。行きたいですけど、無理ですね。どなたか行ってアップしてください。

e0064128_8203727.jpg
夜の森彦もイイですよね。更に冬の森彦もイイ。冬の夜の森彦はWでイイ。

e0064128_8215995.jpg
この路地がイイ。森彦がイイのは建物はもちろんのこと、この狭い路地にもあると思います。

10周年とメンバーズカード
[PR]

2006年 11月 05日 |
連休3日目は妻の実家でダラダラしてました。みんな体調が思わしくなく、妻に至っては帰りの車でモドス始末。私も昨日の3連食後、妻の実家で更に晩ご飯をよばれ、すぐに爆睡。今日は今日で、お義父さんの手打ち蕎麦(これがウマイ)と義理の兄さんが近くのカレー屋でテイクアウトしてきたスパイシーな激ウマカレーを胃袋の限界まで食べたので、かなり胃袋はお疲れなのです。
そこで、妻と相談した結果、晩ご飯はねこや食堂のうどんでということになり、子供にその旨言うと、「やだ」とひと言。子供はうどんがそんなに好きじゃないんです。でも、「ねこやにはコナという猫がいるんだよ」と言うと「行く!」とOKが出ました。
e0064128_2257454.jpg
コナ猫ちゃん。息子もすっかり気に入ってしまって、うどんも食べずにずーっとナデナデしていました。結局、息子はうどんには殆ど手をつけず、私が2杯食べることになり(半分残しましたが)、胃を休めることにはなりませんでした。ちゅうか、胃を休めるなら何も食べるなって感じですが・・・。
e0064128_22595118.jpg
私がオーダーしたかけうどんとてんぷら3種類。ねこや食堂は先日、どさんこワイドに出ました。私は見逃しましたが、ねこや食堂のBBSにアップされており見ることができました。しかし、一部事実と違ったナレーションも入っていて、ん?って感じもします。まあ、ねこやさんにとっては何の影響もないことですけど。
[PR]

2006年 10月 29日 |
今日は子供の芸能発表会があるので、いつまでも札幌でダラダラしてられませんでした。ラーメンも食べたし、後はコーヒー豆を買って帰るだけ。それで、いわい珈琲に行ってみることにしました。ここはいつもコメントをいただいているy-cさんのご紹介です。
店に入るとすぐに店主さんから声を掛けていただきました。この店主さん、すごいです。初めての店のはずなのに、もう何度も来たのではないかと思ってしまうほど自然に話しが出来ます。奥さんも気さくで感じのいい方でした。3人で私の田舎話でプチ盛り上がってしまいました。
さて、豆ですが、好みを聞かれ、深煎りと答えると、店に置いてあるのは深煎りでも私の求めている深煎りではないと思うと言われました。つまり、深煎りでも飲んだ後に水が飲みたくなるものは、果たしてどうなのかという考えらしく、なるほどと思わされました。確かに私の今まで飲んできたいわゆる深煎りは飲んだ時の苦味はタマラナイものの、その後水が進んだのも事実です。店に置いてある2つの深煎りの中からひとつを試飲させていただくと、確かに苦味はあるけど、スッキリ、サッパリで飲みやすく、後味が良いんです。水が欲しくならないんです。これは、職場用に良いかもということで、500g買って帰りました。で、家に着いて早速淹れてみました。
e0064128_091869.jpg
やぎやのパン&ジャムといただきました。珈琲は何杯でも飲めちゃいますね。美味しいです。

e0064128_0102220.jpg
また良い店を教えていただいちゃいました。これからどの店で豆を買うか迷ってしまいそう・・・。良い店を知りすぎるのも困りものですね。
[PR]