Top  
気がつけば入学
2008年 04月 14日 |
仕事が忙しくて家庭を顧みない日々が続いておりましたが、気がつくと息子が小学校に入学していました(気がつかないわけありませんけど・・・)。入学から丁度1週間経ちましたが、大きなランドセルを背負って毎日元気に登校しています。
それにしても私は入学の準備に関しては何もしませんでしたね。まあ、卒園記念のDVDに全精力を傾けていたこともありますが、ホント何もしませんでした。ランドセルや机選びも妻任せ。これまた気がつくと全て用意されていました。
で、唯一私が息子にしたことといえば、私も自分の親にそうしてもらったように地球儀を買え与えたことくらい。
e0064128_2342344.jpg
でも、思いのほか喜んでくれました。



e0064128_237759.jpg
私に見てくれといわんばかりにテーブルに息子が書いたらしい地図が。自分も小さいころ地球儀を眺めながらチラシの裏に下手な地図を一生懸命書いたことを思い出しました。やはり私の息子です。しかし、自分の小さい頃描かなかったものがありました。それは、大西洋に船らしきものが描かれていて、それが喜望峰を越え、アフリカ大陸とマダガスカルの間を抜け・・・

e0064128_23125982.jpg
なんと、インドに達しています!ま、まさか、息子はこの年にしてバスコ・ダ・ガマを知っているのでは!慌てて、妻に「おいっ、あいつはまさか、バスコ・ダ・ガマを知っているんじゃないだろうな!」「そんなわけないでしょ。あなたが○○ちゃんの誕生日に買ったボードゲームに同じような航路が書かれていて、それをまねしただけ」「ああ・・・そうなの・・・(苦笑)」
私は1月の息子の誕生日に世界を旅するボードゲームをプレゼントしていました。しかし、プレゼントするだけで私はそれで息子と遊んだことは一度もありませんでした。相手はいつも妻・・・。買いっぱなしの私・・・。なにも知らない私に妻は呆れたことでしょう。

とりあえず息子には勉強はしなくていいので(ウソ)、色々なものに目を向けて、色々なものに興味を持ってもらいたいです。そのためにたくさん本を読んでもらいたい。自分が読まなかっただけに、なお更そう思うのですが、自分の息子なのでそうはいかないでしょうね。
[PR]

by narayan2 | 2008-04-14 23:27 | 雑記 |