Top  
行幸啓
2006年 09月 07日 |
我町がフィーバーしています。私ももちろん沿道に立ちました。それにしても、これは一種のイベントですね。周囲を取り囲む警察は毅然とした態度で睨みを利かすのかと思いきや、イベントの前説なみの仕切りを始めました。まず、旗の振り方です。前や隣の人にぶつかってはいけないので、小さく振るように言われたかと思ったら、「では、練習します!」と旗振りの練習・・・。続いて、「みなさん、携帯やカメラは持ってきてますか?」と問いかけ、「撮っても上手く写りませんし、肉眼にはかないませんよ。写真はテレビで撮っていただくことにして、今日は遠慮してください」と撮影禁止令が出ました。まあ、実際に一瞬の出来事で写真は撮れそうにありませんでしたが、他のシマでは警察の仕切りで写メを撮る練習までさせられたとか・・・。「じゃあ、あの車で練習してみましょう」みたいな。そこでは禁止令は出なかったようです。警察、一貫性ないなあ。更に、「3分前には「3」のプレートを張った警察車両が、1分前には「1」を張った車両が通りますので、参考にして下さい」・・・なんてサービスいいんだ。ってか参考ってなんですか。そんなに準備が必要ですかね。旗を振るだけなのに。まあ、いい経験でした。でも、思ったより前後の車両が少ない感じがしましたね。前に、上野で偶然にも皇太子様と雅子様をみましたが、そのときの前後の車両の数といったらなかったです。そのイメージがあったのでそれは凄いんだろうなと思ったらそれ程でもなかったです。所詮田舎だからということでしょうかね・・・。
[PR]

by narayan2 | 2006-09-07 22:41 | 雑記 |