Top  
8月も終わりですね
2006年 08月 31日 |
毎月感じることなので今更感もありますが・・・早いもので8月ももう終わりです。明日は9月。9月と言えばブログを始めてからちょうど1年が経ちます。またまた今更感は否めませんが、1年って本当に早いですね。9月になると一気に涼しくなりますよね。夏もいよいよ終わりです。今年の夏は何回終わったことでしょう。駒苫で終わり、24時間のサライで終わり、そして9月を迎えることでまたまた終わろうとしています。

ネタがないので、ラーメンブロガーの苦悩(って程のこともないですが・・・)を書き綴ろうかと。何かと申しますと、ブログにアップするラーメンの写真です。私はラーメンの写真はニコンのデジイチ、キャノンのコンデジ、そして携帯のカメラの3機種をTPOで使い分けます。
まず、開店と同時に店に入った場合は前客はもちろんのこと後客もなしの場合が多いのでデジイチを店に持ち込み、店主さんに許可を得て堂々と撮ります。これが、込み合う時間だとそうはいきません。客が2、3人で、しかも男性しかいない場合であればデジイチを構えることもありますが、若い女性客がいようものなら、コンデジどころか携帯での撮影がやっとになります。つまりそこには若い女性には「ラヲタだ。キモっ」と思われたくないというイヤラシサがあります。店によってはコンデジさえ持ち込みません。例えば彩未さんなんかは絶対に携帯です。カウンターに座り、後ろの待ち客の視線を感じながらラーメンにカメラを向けるのはかなりの勇気が必要です。常に込んでいる店での撮影は厳しいものがあります。携帯は盗撮防止の音が更に撮影を厳しいものにします。店内に響くあの間抜けな音。私の携帯は「ピーン」という、わりとトーンが抑えられたものですが、たまに「ちょっと、今のはかなり響いたんじゃな~い?」というような音を出すときもあり、シャッターを押すときはラーメンを食べる前なのにもかかわらずヒタイから嫌な汗が流れます。また、このことがブレの原因にもなります。恥ずかしいのでさっさと撮って何事もなかったかのようにラーメンを食べはじめたい、このような心理が働くため、シャッターが完全に切られていないうちに仕舞う動作に入り、よってブレてしまうのです。店の中は暗い場合が多いためシャッタースピードは遅くなり、ただでさえブレやすいのに、時間的にも精神的にも余裕がないため高確率でブレが生じます。しかも、ラーメン屋において取り直しはかなりのリスクを負います。2度も店内にシャッター音を響かせることになり恥ずかしいのはもちろんのこと、ラーメンが支給されてから食べ始めるまでに時間がかかってしまい、場合によっては麺が伸びてしまうこともあるのです(ちょっと大袈裟)。
次にラーメン屋で撮影の許可を得るかどうかですが、これも店や状況によります。私の場合、店主さんとふたりきりの場合は絶対に撮って良いか聞きます。お客さんが2、3人で、しかも男性しかいない場合も聞くでしょう。女性がいる場合はラヲタ隠しのため聞きません。彩未さんのような込んでいて忙しそうにしている店も聞きません。こあがりに座ったりテーブル席で店の人から死角になる位置に座っている場合も聞きません。某店のように店主さん自身が聞きにくいオーラを出している店も聞きません(非難ではありません。そう見えるだけで実は凄く話しやすい人なのかも知れません)。でも、なるべくなら聞くようにはしています。そこから、店主さんに話しを聞くきっかけが生まれることもありますし、何より写真が堂々と撮れますからブレも少なく、2度、3度撮りも落ち着いて出来ます。そして、場合によっては店主さんから意外な言葉か返ってくることもあります。

私:「ラーメンの写真撮っていいですか?」

蘭句:「こんなラーメンで良かったら!」
こがね:「俺は撮らなくていいかい?」
某店:「イケ麺に撮ってください」

まあ、某店は私が直接言われたわけではないですけどね。あと、「ラーメンの」を付けているのには訳がありまして、だた「写真撮っていいですか?」だと、「自分を撮っていいかってこと?」と店主さんがキョトンとする場合があるからです。キョトンどころか恐怖さえ感じていたかも。ふたりっきりだったし、私は良くホモに間違われるので、かなりキモかったことでしょうね。
次の札幌は日曜日の予定です。自由な時間が余りないかも知れませんが、狙いはあの店に絞られています。長っ。
[PR]

by narayan2 | 2006-08-31 23:24 | 雑記 |