Top  
クワガタ採取に出撃!
2006年 07月 25日 |
夜になるとクワガタ採取に行きたくなってウズウズしておりましたが、さすがにイイ大人がひとりで街灯の下をウロチョロするのはみっともない。そうなると子供が一緒に来てくれないと困りますが、クワガタが来るイイ時間はちょうど子供が寝る時間。それでウィークデイとなるとなかなか厳しいものがありました。
しかし、今日は妻の帰りが遅い!つまり、多少子供を夜更かしさせても大丈夫な日なのです。ということで、8時ちょっと前に車で20分くらいのクワカブスポットに出撃しました。現地に着くと、肌寒いものの虫の出そうなニオイがしてます。蛾も程よく飛んでいます。ライバルはなし。「ライバルが来る前に飛んできてよ、クワちゃん」なんて思っていると、ライバル出現。街灯下採取においては暗黙のルールで、人がいる街灯にはその人が離れるまで入ってはいけないというものがあります。つまり勝負を挑んではいけないと言うものです。これは、目の前で相手に採られても悔しいし、逆に相手の目の前でゲットしたとしても、相手の気持ちを考えると喜ぶわけにもいかないということなのだと思います。そんなことで、お互いに気を使いながら採取をしているのです(なお、このルールはライバルが多いところやエリアが限られているところだと適用されません)。
ライバルが一番いい感じの街灯を占拠。うーん、ヤバイ。行きたいけど、ここは我慢。しばらくして、ライバルがその街灯を離れ、すかさず我々が占拠。すると、いますいます。ノコギリとミヤマのメスを立て続けにゲット。更に、草の見難いところにまたまたミヤマのメスを発見。更に更に、次から次へとアスファルトに叩きつけられる音が鳴る鳴る。
こうして、30分くらいの間にメスばっかり10匹ゲット。そうしていると向こうで歓声を上げるライバルが。カブトムシのメスをゲットしたらしい。オスなら欲しいけど、なんてあたりを見渡すといるわいるわカブトムシのオスの死骸が。カラスに食べられて頭だけ残ったカブトムシが結構いるんです。狙うはカラスが起きる前の早朝ですかねえ。無理だな・・・。
e0064128_22122286.jpg
街灯下のアスファルトに着地したばかりのミヤマ(♀)。

e0064128_22124360.jpg
これだけメスばかりだと他の虫に見えてしまう・・・。今日の収穫はミヤマとノコギリのメス合わせて10匹と帰り際に来た親子からもらったミヤマのオスです。アゴの大きいノコギリが欲しいです。
[PR]