Top  
足の裏のホクロ
2006年 05月 23日 |
今、たけしの本当は怖い家庭の医学のCMで「足の裏にホクロがありませんか?」と聞かれました。「あれっ?俺って足の裏にホクロなかったっけ?」
確認するとあります!ホクロが!で、どう悪いわけ?早速検索。


ほくろは、誰にでも、体のどこかに数個はあると思います。これは、メラニン細胞という色素細胞の集まりで、いわゆる良性の腫瘍です。しかし、良性腫瘍でも、時にがん化することがあります。ほくろががん化すると、「悪性黒色腫」という、全身に転移しやすい恐ろしいがんになります。 さて、ご質間の足の裏のほくろですが、これはお友達が言われるように切除しておいた方がよいでしょう。と言うのは、足の裏のほくろは、他の部位のほくろに比べてがんになりやすく、悪性黒色腫の約4割は足の裏に発症するからです。歩行することにより、ほくろを刺激することが発がんの原因と考えられています。特に、ご質問の方のように、成人になって出現してきたほくろは、よりがんになりやすいので要注意です。治療法としては、取り残しのないように、少し大きめに切除する、つまり手術になります。手術というと躊躇される方もあるかと思いますが、痛み止めを注射しますので、手術時の痛みは全くなく、小さなほくろであれば10分もあれば終わります。したがって全く心配はありません。一番よくないのは、自分でなんとか治療しようと考えて、カミソリで削ったり、お灸をしたりすることです。これらの刺激はがん化を促進します。絶対にこのような自家療法はしてはなりません。


やばいですよ、これは。ひょんなことからヤバイことに気づいてしまいました。病院で診てもらったほうがいいでしょうかねえ。最近、うちの親族悪いことが続いてることだし・・・。
[PR]

by narayan2 | 2006-05-23 01:28 | 雑記 |