Top  
ピープルピープで激疲れ
2006年 03月 26日 |
時間はもうすぐ9時。妻の実家に電話をするも、家には誰もいない様子。もう1件くらいどこか行くかあ、ということで、ススキノに車を走らせました。ピープです。子供が行きたがっていたんですよ(それ以上に私も)。妻も10年ぶりくらいなので興味がある様子。込んでいないことを祈りつつ店へ。入りにくさを増強している扉を開けると、込んでます。半地下の様子はわかりませんが、とにかく込んでます。すると、丁度店を出る人が何人かいました。結局無事半地下の右奥の相席をゲットしました。が、それからが長かったのです。自分ひとりとか友達と行くなら1時間待ちくらいどうってことないですが、子供が一緒だとその1時間が2時間にも3時間にも思えて、もうギブアップ寸前でした。もう、これ以上は無理!と思った時、ようやく私のオーダーしたイチゴパフェが出てきました。もう、誰のパフェだとは言ってられないので、とりあえず子供に食べさせました。相席していた人たちもホッとしたようで、子供に「美味しいかい?」と声をかけていただきました。きっと子供がうるさかったことでしょう。にも関わらず笑顔で声をかけていただいてありがたかったです。その後、すぐ子供と妻のチョコレートパフェも来て満足して店を出ました。妻はかなりグロッキーでしたけどね。とりあえず謝っておきました・・・。
e0064128_23274554.jpg
いちごパフェですけど、わかりませんよね・・・。ピープのパフェは見た目どれも同じに見えますから。いちごは初めて食べましたが、私のランク的には下の方ですね。

e0064128_23275353.jpg
店を出ると閉店の札が掛かってました。この日は次から次へとお客さんが入ってきて、かなりの繁盛振りでした。マスター、かなりテンテコマイでした。
[PR]