Top  
恐怖、インフルエンザの影
2006年 01月 30日 |
同じ自治会のおじいさんが亡くなったので、夕方から葬儀の手伝いにいきました。いくら忙しいとはいえ、こればかりは別問題です。田舎では、葬儀は自治会が協力する慣わしとなっていて、会場設営や親族の賄い、香典の計算なんかをします。私はいつも会計の役で、香典の領収書をきって、お金の勘定をして、香典台帳を作るところまでやります。
手伝いが終わったのが9時くらいで、それから職場に戻りました。すると、上司が「娘がインフルだ」と言うではありませんか。うーん、これはヤバイです。今の私たちはインフルエンザなどかかっている場合ではありません。私は予防接種を受けているから大丈夫!って余裕をかましている場合でもありません。同じ職場で同じ予防接種を受けてインフルになった人が既にいるのです。中学校でも10人くらい感染している生徒がいるとか。
去年、私は生まれて初めてインフルエンザにかかり、仕事を1週間休みました。忙しいピークは過ぎていたのでむしろイイ休みではあったのですが、今年はそんな訳にはいきません。
ひたひたと忍びよるインフルエンザの影に怯える日々が続きそうです。って、既に潜伏していたりして・・・。
[PR]

by narayan2 | 2006-01-30 23:55 | 雑記 |