Top  
SAPPORO CITY JAZZ
2009年 07月 27日 |
e0064128_2221531.jpg
金曜日の夜は豊平川の花火でも、札幌ドームのオールスターでもなく、ドームはドームでも大通公園のドームへ。サッポロ・シティ・ジャズ。この季節に古内東子さんが観られる(冬のライブが多いので)ということで楽しみにしていました。

e0064128_22115892.jpg
大通公園に出来たホワイトロックミュージックテント。チケットを見ると自由席のこと。テントの中にはテーブルがあって、そこで飲み食いしながらライブを観るシステムらしいのだが、一人で行って浮いたりしないか不安がよぎります。開場は5時ということで、浴衣姿のギャルを横目に5時丁度に会場へ。すると座席指定なるものが4時から行われているとの表示が。そんなことなら4時に来たのに、チケットにもHPにもそんなことは書いてなかったはず。アナウンス不足じゃないのかよと思っていたら他のお客さんもそうだったらしく、「知らなかったね」という声が。それでも、最前列とはいかなかったものの、まだ仕事が終わっていない時間ということあってか、2列目をゲット。

e0064128_22211675.jpg
まずは森大輔さんから。し、知りません。が、パンフを読むとかなりの実力の持ち主らしい。なるほど、ピアノも上手いし、歌唱力もなかなかです。森さんが思いのほか良いライブだったので、すっかり気を良くして、では次は東子さんと思って最初の曲……あらら、なんだか様子が変です。高音で声が出なかったような。次もその次も高音になると声が出ません。脇の下に嫌な汗が……。こうなると落ち着いて聞き入っていられません。間違いなく喉の調子が悪いとしか思えません。曲の合間に静かに咳をしていたので風邪を引いたのでしょう。これは全くの想定外でした。野球観戦なんかはクソ試合もたまには(しょっちゅう?)ありますが、そうなることも5分5分の覚悟で行くので諦められます。しかし、ライブの場合は普通に歌ってくれるのが当たり前と思って行くだけにショックでした。音をはずすとか歌詞を間違えるとかいうレベルではないのです。いつ曲がストップしてしまうのだろうとハラハラさせられました。それでも、言い訳もせず最後まで歌いきる東子さんの姿にプロ根性を見ました。アンコールするのも忍びなかったのですが、当然アンコールも一所懸命歌いきりました。

やはり100%のライブが観たかったですが、やはり東子さんは素敵でした。ある意味貴重なライブを観られたのかなと納得することにしました。
[PR]

by narayan2 | 2009-07-27 22:38 | おでかけ |